六本木の絶品中華料理ならココで決まり!穴場人気5店舗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
六本木 中華 料理 アイキャッチ

グルメの街六本木には、様々な中華料理屋が揃っている。
高級なお店から、昔ながらの老舗、気軽に入れる街の中華屋さんまで本当に色々だ。

日本でも今ではすっかり中華はおなじみになっており、チェーン店で言えば餃子の王将や日高屋、バーミヤンなど色々。
それだけ日本でも深く親しまれ、愛されている味ということだろう。
いつもはヘルシーで控えめな食事にしている女子も、今日ばかりは「がっつり中華を食べたい!!!」なんて日もきっとあるはずだ!

六本木で味わう最高の中華料理!こだわりの厳選5店舗

「中華料理」と大雑把に言ってはみたが、地方によって料理の名称、使う食材や味の特徴が異なっている。

北京料理(北方)…使われる食材は小麦、羊、豚など。味が濃く塩辛い味付けが多い。北京ダックなど。

四川料理(西方)…使われる食材はにわとり、豚、大豆、米。四川料理はご存知のように香辛料を使った辛い料理が多い。麻婆豆腐など。

広東料理(南方)…使われる食材は豚、魚介類、岩のり、米。薄味で素材の味を活かすと言った料理が多い。フカヒレスーブなど。

上海料理(東方)…使われる食材は豚、魚介類、米。甘みが強めの料理が多い。八宝菜など。

あなたは中華の中でも何料理が好きだろうか?
きっと、まだまだ中華を食べ尽くしていない方もいると思う。
料理とは面白いもので、見た目とは全く違う味わいが楽しめるものもある。だからまずは、興味を持ったお店から実際に足を運び、あなた自身でしっかりと味わってみてほしい!

それでは中華ラブの筆者が六本木のとっておきのお店をお教えしよう!

おまかせコースで最高の中華を堪能「虎峰」


虎峰 (コホウ)は、料理は13000円のおまかせコースのみ、完全予約制というこだわりのお店だ。
清潔感があり、モダンで落ち着いている店内は15席のカウンター席のみだが広々としているのでゆったり食事が楽しめる。

おまかせコースだが、その圧巻の品数に誰もが驚く。若き山本雅シェフこだわりの愛情と情熱が篭もった料理が約30皿ほど出てくるのだ!(その日のコース内容により前後)
凄くみみっちい事を言ってしまえば、30皿もあれば洗い物だって大変だ。でも、そうじゃない。
一皿ずつ出されるのには意味があり、料理が出される順番にもきちんと計算され尽くされた配慮がある。


コースが13000円でサービス料は10%、お酒等を飲むと考えれば20000円~が予算というところだろうか。
素晴らしいお店なので、普段使いでも勿論構わないが是非特別な日にも利用してみてほしい。
普段あまりコース料理を食べないにもオススメ。他のお店のコース料理では「物足りない」という人もいるかもしれないがこちらのお店の品数、料理へのこだわり、美味しさにはきっと納得していただけるはずだ。


コースといえばフレンチのイメージだった筆者だが、中華のコース料理がこんなにも最高なものなのかと…最高の時間を過ごしに、是非こちらのお店へ。

  • TEL:03-3478-7441
  • 予約:完全予約制
  • 住所:東京都港区六本木3-8-7 PALビル 1F
  • アクセス:都営大江戸線「六本木駅」5番出口から徒歩3分
    東京メトロ日比谷線「六本木駅」3番出口から徒歩4分
  • 営業時間:17:00~22:00(L.O)
    (完全予約制)
  • 定休日:日曜日 ※2017年5月22日(月)、23日(火)はお休み
  • 予算:夜¥20,000~¥29,999、昼¥15,000~¥19,999
  • 席数:15席(カウンター席のみ)
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙

 

公式サイトはこちら

新鮮な海鮮食材で食べる絶品広東料理「海鮮名菜 香宮」

中華・広東料理の名店が海鮮名菜 香宮 (シャングウ)だ。
「海鮮名菜」とあるように、こちらのお店では海の幸に力を入れている。築地市場や日本各地から仕入れた旬の新鮮な海鮮食材を使った絶品料理が堪能出来るのだ。
『赤坂璃宮』の総料理長である譚彦彬氏が全ての技術を伝授した広東料理というんだから、その期待値も高まるのは必然だろう。
内観はまるで高級洋食レストランのような白いテーブルクロスが輝く落ち着いた空間。しかし、よく見ると壁に掛けられた額や絵皿、飾られた花々は控えめに中華を演出している。


中華に来たからにはやっぱり紹興酒!8年をロックで。
コース料理も10800円~32400円とあるが、好きなものをアラカルトで食べるのもいい。
様々な前菜を楽しめる前菜盛り合わせは是非頼んでおきたいところ。海鮮やクラゲのサラダ、激うまチャーシューを欲張りに色々堪能出来る。もし気に入ったらその品だけを追加オーダーも出来てしまうぞ!
盛り付けも多すぎず、お皿美しく盛り付けられている。
がっつり中華が食べたい時というよりは、美味しい中華をゆっくり堪能したい時によさそうだ。
勿論、デートや接待にもいいだろう。
デザートは小ぶりで可愛らしく、お腹いっぱいい料理を食べた後でも心配せずに「甘い物は別腹」で楽しむ事が出来る。


こちらのお店には2~14名までで利用出来る個室もあるので、接待や記念日やちょっとしたお祝いパーティーも可能。
しかも、個室料金は取っていない良心的なお店なのである。
美味しい海の幸を中華で堪能したい時には海鮮名菜 香宮 (シャングウ)で決まりだ!

  • TEL:03-3478-6811
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区西麻布1-4-44 シグマ西麻布Ⅱ1F
  • アクセス:地下鉄(日比谷線・大江戸線)六本木駅 徒歩7分(502m)
    地下鉄(千代田線)乃木坂駅 徒歩7分
  • 営業時間:月~土
    11:30~14:00(L.O.)
    17:30~22:00(L.O.)
  • 定休日:日曜日
  • 予算:夜¥20,000~¥29,999、昼¥3,000~¥3,999
  • 席数:32席(テーブル席16席、個室3室(6名様用2室、4名様用1室))
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:無(近隣にコインパーキング多数有り)

 

公式サイトはこちら

隠れ家中華で食通気分に♪「黒猫夜 六本木店」

入るのを躊躇ってしまいそうな扉の向こう側に、黒猫夜 六本木店はある。
最初は少し気が引けてしまうかもしれないが、それも扉を開けるまでだ。店内はとてもオシャレで、屋根裏のように天井が斜めになっており、まさに隠れ家という感じ。
こういうお店は、お店の雰囲気だけでなんだかワクワクして楽しくなる。
「自分だけが知っている特別なお店」という感じもするし、「すごいところを見つけたぞ!」という喜びもある。広すぎない店内がなんだか落ち着く空間である。



こちらでは絶対に前菜盛り合わせは頼むべき!
季節の旬の食材が使われることが多く、季節ごとに内容が変わるのが本当に楽しい。空豆の紹興式冷菜、車海老、鶏レバーペースト生湯波巻き、クミン風味の新じゃが、紅芯大根、浅利の貴州風、のれそれの麻辣ソース。
前菜の盛り合わせだけでお酒がみるみる進んでしまうので要注意だ(笑)



自家製中国ハム、腸詰、ヨッペン(中華風ハンバーグ)の土鍋ご飯、そしてデザートの黒ごまアイスも絶品!
盛り付けも美しく、とても美味しそうなのだが気取ったところがなく寛いで過ごせる。
あまり硬いお店が苦手な人や、友達や気になる女性との仲を深めたい時にはこういうお店の方がのんびり過ごせてオススメだ。
堅苦しいお店で緊張してしまって会話はおろか、食事ところではなくなってしまっては勿体ない(笑)
こちらは本格的な中華が楽しめるお店だ。
新しい中華に挑戦して、あれやこれやと感想を述べながら楽しく食事をしていれば素敵な時間を過ごせることだろう。

  • TEL:03-3497-0256
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木4-9-1 佐竹ビル 4F
  • アクセス:日比谷線六本木駅6番出口
  • 営業時間:【月〜金】11時30分~14時00分(L.O13時30分)、18時00分~23時30分(L.O22時30分)
    【土】18時00分~23時00分(L.O22時00分)
    ランチ営業、夜10時以降入店可
  • 定休日:日曜・祝日
  • 予算:¥6,000~¥7,999
  • 個室:有
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:無

 

公式サイトはこちら

『特製鶏煮込みそば』と『カレー』は絶対食べるべし!「香妃園」

香妃園 (コウヒエン)は月曜から土曜までなら朝4時までやっているという頼もしいお店だ!
六本木でリーズナブルに中華を食べたい時にはこちらがオススメ。
深夜までやっているので飲んだ後の〆にこちらに立ち寄るビジネスマンも多い。「〆なら香妃園だ!」という人も居るほど。

このお店の名物は「特製鶏煮込みそば」
店に入ってみればほとんどのお客さんが「特製鶏煮込みそば」を食べている…知人によれば「特製鶏煮込みそばかカレーライス以外は普通」ということだったので、大人しく言う事を聞いて特製鶏煮込みそばとポークカレーを注文。お酒のおつまみに肉春巻き&海老春巻きも。



特製鶏煮込みそばは土鍋に入って登場!なみなみの鶏白湯スープが如何にも体に優しそうだ。
優しいが深みとコクのあるスープに、真っ白な程よいコシのある麺。スープも麺も体の奥深くに染み渡るような美味しさで、飲んだ後だというのにつるつるといくらでも食べられてしまいそうだ。

ポークカレーはぱっと見た感じはまかないような感じ。
でも、こういうちょっと豪快な感じのカレーに限って絶品だったりする…見た瞬間からそんな予感が既に湧いていたが、ドンピシャだ!
カレーもベースのスープにこだわっているのだろう、深みのある美味しさ。形を残した玉ねぎに、脂の甘みをしっかり感じられる豚肉が美味しい。
美味しすぎてかなりやばい…どちらもハマってしまいそうなメニューだ。
しかも、深夜までやっている。しばらくは飲んだあとにふら~っとこちらのお店に立ち寄ってしまいそうだ。
リピーターもかなり多いようなので、一度食べたらあなたも病みつきになってしまうかもしれない。

  • TEL:03-3405-9011
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木3-8-15 瀬里奈ビレッジ 2F
  • アクセス:日比谷線/大江戸線・六本木駅(5番出口)から徒歩2分
  • 営業時間:[月~土]11:45~翌4:00(L.O.翌3:20)
    [日・祝]17:00~24:00(L.O.23:00)
    ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
  • 定休日:無休
  • 予算:夜¥2,000~¥2,999、昼¥1,000~¥1,999
  • 席数:110席
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可(ランチタイム午後2時まで禁煙)
  • 駐車場:無(近くにコインパーキングあり)

 

公式サイトはこちら

ヒルズで絶品飲茶・点心を堪能!「南翔饅頭店 六本木ヒルズ店」

南翔饅頭店 六本木ヒルズ店 (ナンショウマントウテン)は六本木ヒルズの人気店。本場の美味しい小籠包など、飲茶・点心、上海料理が楽しめる。
お店は如何にも中華という感じだが、落ち着いた色で統一されリラックス出来る店内だ。
肉まんや小籠包、焼売など、ちょっと小腹が空いた時や食べたりない時にも丁度いい。
厨房は広々としており清潔感がある。蒸し器が高く積み上げられている横で職人さんが黙々と小籠包を作っているのを見られるのもまた楽しい。


こちらでは小籠包は勿論、アッツアツのもち米焼売もオススメ!
中華ちまきを焼売の皮で包んだようなもので、食べ応えもあり面白い。
少し皮が厚めの小籠包を箸で持ち上げてみると、たぷたぷとして如何にも「肉汁がぎっしり詰まってますよ~」という感じ。
そのまま一口で行ってしまいたい気持ちもわかるが、焦れば口の中をヤケドすることになるので注意が必要。出来たてホヤホヤ小籠包の肉汁の熱さを侮ってはいけないのである…。



親切な事に、「小籠包のおいしい食べ方」が書いてあるではないか!
まずは小籠包をレンゲに乗せ、皮を少し破って旨味が凝縮された肉汁を味わう。うむ………ウマし!!!
そのままでも十分美味しいが、黒酢醤油をつけたり、生姜を添えたりしても味の変化を楽しむことが出来る。
肉汁を口の中でしっかりと堪能したい人は、小籠包が少し冷めてきたら思い切って一口で食べるのがいいだろう。

  • TEL:03-5413-9581
  • 予約:可(全日ランチタイム、土日祝終日の予約は受付無し)
  • 住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド 1F
  • アクセス:
    東京メトロ日比谷線、都営大江戸線 六本木駅下車徒歩1分
  • 営業時間:[ 日・月・火] 11:00~23:00(ラストオーダー22:00)
    [ 水・木・金・土] 11:00~23:30(ラストオーダー22:30)
    ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
  • 定休日:なし
  • 予算:夜¥3,000~¥3,999、昼¥1,000~¥1,999
  • 席数:56席
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:有(六本木ヒルズ駐車場)

 

公式サイトはこちら

まとめ

中華というと大きなテーブルに沢山の料理が並べられ、回るテーブルに長い箸に…というイメージもあるかもしれないが、実はお店によって様々。
一皿一皿出される料理をコースで中華を堪能出来るお店があれば、大皿に乗った料理をがっつり食べられるお店や、手軽に飲茶・点心を楽しめるお店もある。

沢山の中華料理店が集う六本木だからこそ、お店の選択肢も無限大だ。
今回ご紹介したお店だけではなく、是非色んなお店に実際に足を運んでみてほしい。
楽しい中華料理ライフを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*