大人気!六本木で話題の美味しいデザート・スイーツ・カフェ5選♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
六本木 デザート アイキャッチ画像

美味しい食事を堪能した後は「美味しいデザートが食べたい!」と思うものだ。
女性なら友達と一緒にデザートの食べ歩きをしている人も、もしかしたら居るかもしれない。
筆者のように、甘いものに目がない男性も居る事だろう。

六本木にはそう…美味しい料理のお店だけではなく、美味しいデザートのお店もズラリと並んでいる!
そこで今回は、六本木で最高に美味しいデザート、スイーツが楽しめるお店をご紹介させていただこう。

六本木の超おすすめスイーツを食べるならココ♪話題のお店5つ

現在では海外で話題になったデザートの店が日本に次々出店しており、テレビや雑誌でも連日紹介されている。
六本木にはそんな話題のお店から老舗の名店まで、沢山のお店が存在している。
スイーツ目当てで来るもよし、六本木に立ち寄った際のお土産にもよし。
見た目も美しいスイーツは差し入れやお土産でプレゼントすればきっと喜ばれる事だろう。

すっかりグルメタウンとなった六本木で食べられる、最高のスイーツをご堪能あれ♪

出来たてデザートを食べる最高の贅沢「Toshi Yoroizuka Mid Town」

六本木でデザートと言えば、Toshi Yoroizuka Mid Town (トシ ヨロイヅカ)だろう。
言わずと知れたパティシエ・鎧塚俊彦さんのお店だ。
こちらはカウンターデザートとして有名なお店で、デザート好きなら絶対に一度は訪れるべきお店といえるだろう。
まず、最高なのはカウンター越しにパティシエが目の前で作ってくれた出来たてホヤホヤのデザートを堪能出来るということだ。


どのデザートも、スープのような野菜のピューレから始まる。
ゴボウをベースにしたスープで、優しい味がしてとても美味しい。それと同時に、これからどんなデザートが出て来るのかとワクワクしてくる。


卵のスフレはふわっふわで、スプーンですくったら崩れてしまいそうな程にとろとろだ。
甘みも優しくて、卵が好きな人には是非食べてみてほしい。
出来たてスフレを食べられるのはやはり、イートインの醍醐味と言えるだろう。
テイクアウトもあるので、お家でゆっくり最高のデザートを楽しむ事も出来る。

こちらのお店はかなり人気のお店なので、待ち時間が長くなってしまうこともあるため、寒い日や暑い日に並ぶ場合には寒さ・暑さ対策をしっかりしておこう。
やはり土日や祝日より平日が狙い目だと思われる。
しかしもし並ぶことになったとしても、最高に美しく、おいしいデザートを食べれば疲れも吹っ飛ぶはずだ。

  • TEL:03-5413-3650
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区赤坂9-7-2 東京ミッドタウン・イースト 1F
  • アクセス:東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線「六本木駅」徒歩5分。
    東京メトロ千代田線「乃木坂駅」徒歩6分。
  • 営業時間:[shop]11:00~21:00、[salon]11:00~22:00(L.O.21:00)
    日曜営業
  • 定休日:無休
  • 予算:¥1,000~¥1,999
  • 席数:14席
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:有(「東京ミッドタウン」駐車場(有料))

 

公式サイトはこちら

明治42年創業の老舗たい焼き店「浪花家総本店」

浪花家総本店 (なにわやそうほんてん)はスイーツ好きなら知っている人も多いかもしれない。
あの「およげ!たいやきくん」のモデルとなった店だ。
明治42年創業で、なんとたい焼きの売上は世界一!

1個180円と、たい焼きにしては少し高いように感じられるかもしれないが、その美味しさは格別だ。
薄くパリっとした皮で、小豆をしっかり感じられる甘さ控えめのあんこが頭からしっぽの先までぎっしりと詰まっている。


たい焼きにも2種類あるのをご存知だろうか?
1つは鉄板で大量生産されるもの。そしてもう1つは一匹ずつ丁寧に焼かれるもの。
ここ、浪花家総本店のたい焼きは後者で、なんと1つ1つ丁寧に作られている。
そのためどうしても待ち時間がかかることが多いが、愛情込めて一匹ずつ焼かれた絶品のたい焼きを是非堪能してみてほしい。
食べ歩きもいいが、店内ではかき氷や煎茶、カフェオレ、ラムネもあるので暑い夏はたい焼きと一緒にかき氷も良さそうだ。


ちなみに、こちらのお店は「東京たい焼き御三家」と言われるたい焼きの名店の一つ。
もしたい焼きにハマったら他の2店舗、人形町の「柳家」、四ツ谷の「わかば」にも足を運んで、たい焼きの食べ比べをしてみてもいいかもしれない。

  • TEL:03-3583-4975
  • 住所:東京都港区麻布十番1-8-14
  • アクセス:東京メトロ南北線 麻布十番駅4番出口
    都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅7番出口
    東京メトロ日比谷線 六本木駅より徒歩15分
  • 営業時間:[月・水~日]10:00~20:00(但し店内飲食は11:00~19:00)
    ランチ営業、日曜営業
  • 定休日:火曜日(祝日の場合は翌日) 第三水曜日
  • 予算: ~¥999
  • 席数:12席(4人掛けテーブル×3つ)
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:無(車の場合は麻布十番公共駐車場がお薦め!30分:200円 一日最大1,400円)

 

食べログはこちら

ミシュランの三ツ星シェフ監修「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 六本木ヒルズ店」

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 六本木ヒルズ店 (LA BOUTIQUE de Joel Rubchon)はミシュランの三ツ星シェフ、ジョエル・ロブション氏監修のお店。
かなり有名なお店で、キラキラしたスイーツが沢山並んでいる。

どのケーキもエレガントで、優雅な味わい。
柚子のムースはしっかり柚子の香りがして、洋菓子なのにとても和を感じ驚いた。
こちらで特に人気と言われているのがブランブランというハート型の可愛らしいケーキ
かなりの人気で、筆者が出向いた時には既に売り切れ…(涙)
しかしどうしても食べたいので後日再訪。既に売り切れで、補充分も予約がいっぱいということだったがその次の分をなんとかゲット!!!

ホワイトチョコムースの中に甘酸っぱいラズベリーのジュレ、ショコラブランのムース。
濃厚な味わいにラズベリーの甘酸っぱいが爽やかだ。
見た目もとてもかわいらしい。


こちらはパンも美味しい。六本木で一番美味いパン屋という人も居るくらいだ。
中でもカレーパンはオススメで、中に入っているかなりカレーがとてつもなく美味しい。どうやらこのお店の人気No.1商品らしく、納得の味だった。


とてもおしゃれな空間で、どのケーキも美味しそうで迷ってしまうため、リピーターもかなり多い。
一度虜になったら何度でも通ってしまいそうなお店だ。日常を抜け出して、こちらのお店で優雅な一時を。

  • TEL:03-5772-7507
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド 2F
  • アクセス:東京メトロ 日比谷線、六本木駅。1C出口
  • 営業時間:10:00~21:00
    日曜営業
  • 定休日:無休
  • 予算:~¥999
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:有

 

公式サイトはこちら

本場パリのパンやデザートを六本木で「メゾン ランドゥメンヌ トーキョー」

メゾン ランドゥメンヌ トーキョー (Maison Landemaine Tokyo)は、パリで修行を積んだパティシエ・石川芳美氏が作る、美味しいパンやデザートのお店。
メゾン ランドゥメンヌ パリのレシピを忠実に守って作られており、本場の味が楽しめる
お店の外観がとてもオシャレで、ふらふら~っと吸い込まれるようにお店に入って行った女性も見かけたほどだ(笑)

ランチも楽しめるお店で、ケーキやデザートもあるが、種類豊富なパンが主役と言えるだろう。
クロワッサンは一口食べるとサックサクで、ふわりとバターの香りが香る。
バターがしつこく感じるクロワッサンもあるが、こちらはさっぱりしたバターの味わいでぺろっと食べてしまった。
カヌレはカリッとしたカラメル、中はとろとろだ。
少し珍しい四角い形のキッシュ・ロレーヌの具はシンプルにごろっとした角切りのハム。
シンプルなだけあって卵とチーズのコク、パイ生地の香りを楽しめる優しい味わいの一品。


ケーキはタルト・シブーストをチョイス。カラメリゼされたカスタードクリームで、タルトの中には濃厚な栗のクリームがたっぷり詰まっている。
香り高く濃厚だが、しつこくない甘さでとても贅沢な味わいだ。



こちらのお店は朝7時から営業しているため、ランチのみならずモーニングも楽しむことが出来る
朝からテラスでモーニングを楽しんでから出勤なんて…それだけで1日に頑張れそうな気がする。

ランチはスープや牛肉の赤ワイン煮、トマトとモッツァレラチーズのサラダ、ニース風サラダ、サーモンのタルタルサラダ、スープ、クラブハウスサンド。
そしてなんと、ワインやビールまである…!!!
そんな、飲ん兵衛なお友達も安心して来店出来る店なのである(笑)
本場パリの味がする美味しいパン、ケーキを是非こちらで味わってみてほしい。

  • TEL:03-5797-7387
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区麻布台3-1-5
  • アクセス:六本木駅(都営大江戸線/日比谷線)より 外苑東通りを東京タワー方面に徒歩8分
    六本木一丁目駅/麻布十番駅(南北線)から飯倉片町交差点方面へ徒歩5分
  • 営業時間:[月~日]7:00~19:30
    朝食営業、ランチ営業、日曜営業
  • 定休日:不定休(年始のみ)
  • 予算:夜~¥999、昼¥1,000~¥1,999
  • 席数:58席
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)

 

公式サイトはこちら

話題のスイーツが食べられる「エルカフェ 六本木ヒルズ店」

エルカフェ 六本木ヒルズ店 (ELLE cafe)は若い女性ならほとんど知っていそうなほど話題になったお店だ。
テレビや雑誌でも取り上げられ、有名人が訪れた事も。
こちらはコールドプレスジュース、コールドプレスジュースを使ったスムージー、グラノーラが入ったアサイーボウル、マカロンなどのお菓子やスイーツ、COYOというココナッツヨーグルト(ココナッツミルクを植物性乳酸菌で発行させたグルテン・ラクトースフリーの100%植物性のヨーグルト)、おむすびやコロッケ、スーパーフードなどがある。

やはり、こちらに来たら話題のスムージーボンボンは頼んでおきたい。
お店の名前は知らなくてもSNSなどでこの写真を見た事がある人はいるのではないだろうか?
大粒いちごを惜しみなく使ったなんともフォトジェニックで可愛らしいスイーツである。



いちごも甘過ぎずほどよい酸っぱさで、甘さ控えめの豆乳を使ったホイップクリームとベストマッチだ。
お値段1800円と少し高めだが、なんでもいちごを1パック贅沢に使っているらしいので満足度も十分。
結構大きめなので、ある程度お腹を空かせてから行くか、友達とシェアして食べるのが丁度いいだろう。


COYOというココナッツヨーグルトもとても美味しかった。COYOは100%植物性のヨーグルトは海外でも人気らしい。
可愛らしい瓶に入っており、コルクの蓋を開けるとふわっと南国の香り…
マンゴーピタヤにはマンゴー、ピタヤ(ドラゴンフルーツ)、オレンジ。
見た目にも可愛らしく、テイクアウトも出来るのでお土産にもピッタリ。

マンゴーピタヤの他にもシャイニーキウイ、ビューティーベリー、シャインマスカット、ピンクケール、ストロベリースピタージュ、プレミアムメロンなど沢山のフレーバーがあった。
期間限定のものもあるそうなので、見つけた場合は是非試してみてほしい。
素材にもこだわった健康的でオシャレなスイーツは心も体も元気に満たしてくれるはずだ。

  • TEL:03-3408-1188
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド 2F
  • アクセス:六本木駅から323m
  • 営業時間:[月~金] 8:00~23:00(L.O.22:30) [土・日・祝] 11:00~23:00
    日曜営業
  • 定休日:無し
  • 予算:夜¥1,000~¥1,999、昼~¥999
  • 席数:10席
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:有

 

公式サイトはこちら

まとめ

気になるお店はあっただろうか?
どのお店も人気のお店なので是非一度足を運んでみてほしい。
テレビや雑誌などで話題になっていると「混んでいるから…」と敬遠してしまう人もいるかもしれないが、ずっと行列が出来ているお店はやはり味も本当に美味しいものだ。

疲れた時には甘いものというだけあって、差し入れにもいいだろう。
古い友人と会う時に、ちょっとしたスイーツを買ってプレゼントするのもいいかもしれない。
スイーツは、とても芸術的で、美しい。
一口食べれば誰でもその美しさを自分の舌で体感出来るのだから、最高だ。

ただし、「甘いものは別腹」と言って食べ過ぎてしまうのには注意が必要だ(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*