六本木で最強の同伴をキメろ!キャバ嬢もびっくりの超すごい店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
六本木 同伴 アイキャッチ

高級クラブやハイクオリティなキャバクラもかなり多い六本木の街。そんな六本木の街にはホステスやキャバ嬢との同伴出勤に相応しいお店も沢山存在しているのだ。
予算は数千円とお手頃なお店から、高級なお店まで様々。沢山のお店がひしめき合っている六本木だからこそお店は選び放題だが、だからと言って星の数ほどあるお店の中から優良店を探すのはなかなかに難しい。

しかし、お気に入りのあの子と同伴出勤…そんな時に失敗が許されるはずはないのである。

という訳で、お店選びに迷った時には「ここを選べば間違いない」そんなお店だけを今回はチョイスさせていただいた。お店の雰囲気やその時の気分に合わせて

超必見!最高の同伴にしたいなら行くべき3店舗

また絶対来たくなる店『四 -yon-』

お店に来て、座って。料理を注文して、一口食べて…またはお酒を一口飲んで。それで「この店は絶対また来よう」と心に決めるお店が、筆者の長い食べ歩き人生の中で、数件だけあった。
そして、数少ないその数件に新しく加わったのがこの四 -yon-である。

もはや何も語りたくない。なぜならこのお店の素晴らしさは、ただの食べ歩きおじさんである筆者には到底表現しきれないからだ。それくらい素晴らしい。この感動だけはどんな文豪でも、偉い大学教授でももはや言葉では語り尽くせないことだろう。

とはいえ、こちらの四 -yon-は決して気取ったお店ではない。六本木らしい高級感、洗練された空間は勿論素晴らしいが、なぜか不思議と居心地がいいのだ。だからお酒も進む進む。
寿司&Barをコンセプトにした四 -yon-にはカクテルメニューもかなり豊富なのだが、驚くべきはそのカクテルへのこだわりだ。カクテル1つ1つがオシャレで可愛らしい。筆者がお店に訪れた時、女性が嬉しそうに抑え気味の声で「きゃー!」と喜んでいるのを何度も聞いたものだ。


個室もあり、芸能人や著名人も数多く来店しているおしゃれな隠れ家的お店でもある。筆者も実際、誰とは言えないが一度ならず何度か芸能人の姿をこちらの四 -yon-で見つけたこともあるくらいだ。
筆者はおじさんなので芸能人にそう興奮することもないが、若い女の子なら思わず絶叫してしまうのではないだろうか。

思わず誰かに自慢したくなる…まさにそんなお店なのだ。もしかしたら後日「またあのお店に連れて行ってほしい」と、今度は女の子の方からお誘いが来るかもしれない。

  • TEL:03-6447-0427
  • 予約:可(受付時間 15:30~28:00(AM4:00))
  • クレジットカード:可
  • 住所:東京都港区六本木3-13-14 ゴトウビルディング3rd 3階
  • アクセス:東京メトロ日比谷線/都営大江戸線 六本木駅
    [5番]出口より徒歩2分
  • 営業時間:18:00~翌04:00
  • 定休日:日曜日、月曜祝日、お盆、年末年始
  • 予算:20,000円~30,000円
  • 席数:カウンター11席 テーブル4席 個室1室
  • 禁煙・喫煙:個室のみ喫煙可(喫煙ルームもあり)
  • 駐車場:近隣にコインパーキングあり

 

公式サイトはこちら

解放的な空間で気取らずカジュアルに『オーク ドア』

ご存知だろうか?女の子というのは、実は男が思っている以上にずっと「肉」が大好きだ。実際のところ、肉食女子はかなり多いのである。一体何を根拠にしてこんなことを言っているのかというと、単純に食べ歩く先で肉を食べまくっている女の子たちを沢山見てきたからである。
焼肉屋さんで肉を食べるのは当たり前だが、彼女たちはイタリアンでも居酒屋でも、フレンチでも中華でもメキシカンでも、はたまたお寿司屋さんでもいつの間にか肉を欲しているのだ。バッチリメイクに体のラインがわかる妖艶な、はたまた可愛らしいドレスを纏ったキャバ嬢やホステルならその肉食っぷりはきっと凄いことだろう。

という訳で、肉食系女子な女の子を誘うならオーク ドア(The Oak Door)はどうだろうか?憧れのラグジュアリーホテル「グランドハイアット東京」6階という、最高の場所にあるのもまた高ポイントである。

ステーキハウスだが、解放的なテラス席などもあり、オシャレな時間を過ごすことが出来ることだろう。あまり堅苦しいお店は苦手だという子や、変に気取った感じになってしまわないか心配という場合にはここが安牌だ。

ステーキ以外にも帆立のローストや様々なサラダ、ハンバーガーなど、メニューも様々。そして女性に嬉しいのが可愛らしい季節のデザートである。10月の今の時期はハロウィン!ということで、可愛いらしいハロウィンモチーフのケーキなどのデザートが沢山。女の子は見ているだけでワクワクしてしまうような可愛いデザートが好きなものだ。六本木のキャバ嬢・ホステスならもしかしたら高級なお店には飽き飽きしてしまっている子もいるかもしれない。そんな子にはこんな遊び心がハマるのではないだろうか?

オーク ドアには今回ご紹介したレストランの他、バーもあるので、お腹が空いていないという時はバーでしっぽり飲むのもいいかもしれない。

ちなみにバーの方では、「バーが実験室に変身!」というコンセプトでハロウィンにちなんだカクテルがいくつも登場している。

  • TEL:03-4333-8784
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木6-10-3 六本木ヒルズ グランドハイアット東京 6F
  • アクセス:六本木駅から408m
  • 営業時間:[月~金]11:30~14:30、18:00~22:00
    [土・日・祝]11:30~15:00、18:00~22:00
    ランチ営業、日曜営業
  • 定休日:無休
  • 予算:夜¥10,000~¥14,999、昼¥3,000~¥3,999

 

公式サイトはこちら

オープン後すぐにミシュランを獲得『鮨 由う』

鮨 由う

じわじわと人気を集め、今では予約が困難なほどの人気店となっているのが鮨 由うである。六本木の高級寿司の中ではリーズナブルさも話題のお店だが、だからと言ってクオリティが低いだなんてことは絶対にない。むしろこの極上のクオリティでこのお値段というのはすごいとしか言いようがないだろう。

石や木など、自然素材が活かされた店内はモダンながら日本らしさも感じることができ、心地よい一時を過ごすことが出来るはずだ。
派手さやゴージャスもいいが、仕事でお酒を飲んだりおしゃべりをしたり、接客業を頑張っている子の中には、癒やしに飢えている女の子もきっと少なくないはずだ。これから仕事に向かう女の子だからこそ、こんな空間でリラックスして癒やされてほしいものである。

鮨 由う

鮨 由う

鮨 由う

鮨 由う

もう一つ、おすすめポイントでもあるが人やシチュエーションを選ぶかもしれないのが面白すぎる大将。芸人さんのようでとにかく面白いと評判の鮨 由うの大将である。

気さくで、様々な話を楽しみながら食事がしたいという人にはおすすめだが、ガチで口説きたい時、真剣なトーンで話したい時には気になってしまうかもしれない。(そもそもお寿司屋さんのカウンターでガチで口説くというのはあまりないシチュエーションかもしれ無いが)

それか、ゆっくり羽根を伸ばして楽しみたいという時には個室を予約するのがいいかもしれない。個室は最大4名まで。女の子は一人だけじゃない!という豪快な男性でも女性を三名まで呼ぶことが出来るのでばっちりだ。ハーレム状態で寿司を楽しめるなんて、筆者のような小心者では罰でも当たらないか心配になってしまうが、きっと最高の時間を過ごせることだろう。

ちなみにこちらの鮨 由う、食べログを見てみると直近で空いている予約を教えてくれていることがあるので、気になったらまずは食べログをチェックしてみるのもおすすめだ。

  • TEL:050-5593-6605
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木4-5-11 ランド六本木ビル B1
  • アクセス:日比谷線・大江戸線 六本木駅 徒歩3分
    千代田線 乃木坂駅 徒歩8分
  • 営業時間:17:30~23:00
  • 定休日:日曜・祝日
  • 予算:¥15,000~¥19,999
  • 席数:12席(カウンター8席 ・ 個室1室 最大4名様)
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:無

 

食べログはこちら

まとめ

ただ高級なだけのお店は、最初や二度目はいいかもしれないが、あっという間に飽きてしまう。なぜなら中身が空っぽで、見せかけでしかないからだ。特に何十人、何百人という沢山の人と毎日接してきているキャバ嬢・ホステスならそんなお店だということはきっと初回で見抜いてしまうだろう。
それは人もまた同じ。
「あの人はどんなお店に連れて行ってくれるんだろう?」そうして行った先のお店がつまらなければ、それはそのままその人自身の評価となってしまうのである。

遊び心を持つ人物に人はなぜか惹かれるものだ。良いお店選びができれば、それはその人の持つ遊び心を女の子に間接的に見せてあげることになる。
今回ご紹介させていただいたお店はどちらもそのお店なりの遊び心があって、新鮮さを大切にしているお店だ。何度足を運んでみても新鮮な驚きがあるし、感動がある。
だから胸を張って女の子を誘ってみてほしい。きっと最高の時間が過ごせるはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*