六本木でご飯を食べるならココ!感動的美味しさが味わえる5店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
六本木 ご飯 アイキャッチ

せっかく六本木でご飯を食べるなら美味しいお店に行きたい!そう思って六本木でお店探しをしている人がほとんどなのではないだろうか。六本木と言えば今や東京のグルメの中心とも言えるべき街。全国のみならず世界からも沢山の人々が集まる六本木には沢山のジャンルのお店が存在している。
そんな六本木には星の数ほどの飲食店が存在しているが、今回はそんな中でも特にオススメしたいお店を5つ厳選してご紹介させていただきたい。
一度行ったら虜になってしまうかもしれない、名店中の名店だ。六本木グルメは勿論、各地のグルメを食べ歩きまくっている筆者のお気に入りのとっておきのお店でもある。是非皆さんも味わってみてほしい。それではご紹介していこう!

美味しいもの好きならココに行ってほしい!六本木のオススメグルメ

究極の焼肉屋『巨牛荘 六本木店』

巨牛荘 六本木店

まずはがっつり系からご紹介させて頂こう。巨牛荘 六本木店 (キョギュウソウ)は六本木と言えばこの店ありという、まさに名店。沢山の美味しいものを片っ端から食べまくっている業界人たちの中には焼肉が好きで好きでたまらないという“焼肉通”もかなり多いのだが、そんな焼肉通たちが「究極の焼肉屋」と絶賛しているのがここ、巨牛荘なのである。
何が究極かというと、勿論料理である。舌の肥えた業界人たちを唸らせ、何度もお店に通わせるパワーのある料理。絶対食べてほしいのが〆まで完全に計算尽くされた看板メニューの「プルコギ」だ。肉汁で仕上げる焼きうどんは肉の旨味を吸い付くし、一口食べればまさに幸せの味。焼肉屋に行ったら多くの人がとりあえず感覚で頼むであろうキムチも自家製。市販品では味わうことの出来ない美味しさを十分に堪能してほしい。このキムチだけでもどんどんお酒が進んでしまうはすだ。箸休めとしてもオススメの「ケジャン」。ワタリガニの塩辛で、濃厚な美味しさはお酒は勿論ご飯にもばっちり。

巨牛荘 六本木店

巨牛荘 六本木店

巨牛荘 六本木店

巨牛荘 六本木店

巨牛荘 六本木店

これだけ絶賛されているお店でありながら予算は夜でも6000~8000円ほどと良心的な価格。しかも様々なコースもあるので、誕生日会や同窓会、歓送迎会、忘年会や新年会にも活躍してくれそうだ。コースの価格帯も複数あるのが嬉しいところ。また、期間限定で飲み放題付きのお得なセットコースもあるのでのんべえさんにも安心。とはいえここの料理はどれもお酒がどんどん進んでしまうので、飲み過ぎには気をつけたいところ。焼肉と飲み過ぎのコンボは翌日に響く…〆を上手く活用して翌日に胃もたれや二日酔いに苦しまないようにしたいところだ。

  • TEL:050-5868-2312(予約専用番号)、03-3423-1171(お問い合わせ専用番号)
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木5-7-8
  • アクセス:東京メトロ日比谷線/都営大江戸線六本木駅 3番出口 徒歩3分
  • 営業時間:月~日 17:30~翌3:00(2:00 L/O)
    夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
  • 定休日:無休
  • 予算:夜6,000~¥7,999、昼¥1,000~¥1,999
  • 席数:110席
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:無


食べログはこちら

ディナーもランチも『鶏匠 たけはし』

鶏匠 たけはし
鶏匠 たけはしと言えばテレビでも紹介されかなり話題になったお店だ。そんな話題になるきっかけになったのがランチで飲み食べられるという鶏匠 たけはしの「名物親子丼」である。レギュラーメニューではなくランチでのみ食べられるランチ限定メニューは名物親子丼を含めて4つある。名物親子丼、限定純レバ丼、南蛮御膳、鶏の味噌はらみ御膳である。どのメニューも900円なので、六本木でのランチだと考えるとかなりリーズナブル。「鶏匠」と店名についている通り、鶏にはかなりこだわっているこちらのお店の絶品鶏ランチは是非一度味わってみてほしい美味しさである。また、ランチではからあげを1つ50円で追加することも可能。からあげも食べたい!という人はランチと一緒にからあげを追加するのもオススメだ。親子丼は肉厚な鶏肉がゴロゴロ入っており、噛み締める程にジューシーな鶏肉の旨味が溢れてくる。卵もたっぷり2、3個は使っているようで、食べごたえもばっちりだ。

鶏匠 たけはし

鶏匠 たけはし

鶏匠 たけはし

鶏匠 たけはし

鶏匠 たけはし

ランチがかなりオススメな鶏匠 たけはしだが、実はディナーもかなりオススメ。夜ゆっくり食事をしながらお酒を飲みたい、そんな時には看板メニューである「博多風水炊き鍋」がいいだろう。春夏秋冬、どんな季節でも人気のメニューで、濃厚な鶏の旨味を堪能することが出来る。多くの著名人も来店する鶏料理の専門店であるこちらのお店で是非極上グルメを堪能してみてほしい。

  • TEL:050-5869-3862
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木7-17-19 フレッグ六本木セコンド1F
  • アクセス:日比谷線六本木駅2番出口から徒歩3分
    六本木駅から201m
  • 営業時間:【ランチ】
    月~金・:11:30~15:00(LO14:30)
    【ディナー】
    月~木:18:00 ~ 23:30 (L.O.22:30)
    金 :18:00~01:00(L.O.00:00)
    土、日 :18:00~23:00(L.O 22:00)
    ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
  • 定休日:年末年始
  • 予算:夜¥5,000~¥5,999、昼~¥999
  • 席数:50席(カウンター10席 テーブル22席 個室6~8名3部屋)
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:有(近隣にコインパーキング)

 

公式サイトはこちら

忘れられないイタリアン『la Brianza』

la Brianza (ラ ブリアンツァ)

日本人の嗜好にもぴったりなイタリアの地方料理の豊かさ、そして季節感を楽しめるイタリアンを体験させてくれるのがla Brianza (ラ ブリアンツァ)である。昔はやれ「イタ飯」やれ「ティラミス」だと騒がれたものだが、今やイタリアンは日本の食文化にとっても欠かせないものになりつつある。その証拠に東京のイタリアンはますます洗練されていき、楽しみ方もどんどん広がっている。
la Brianza (ラ ブリアンツァ)ではそんな「今のイタリアン」を大切にしたイタリアンをアラカルトやいくつものコース料理で提供。今までは知らなかった新しいイタリアンを楽しむにはもってこいのお店なのである。
こだわりの厳選食材を確かな技術、食への強いこだわりで最高の逸品に昇華。一皿一皿がまるで輝くような美しさだ。

la Brianza (ラ ブリアンツァ)

la Brianza (ラ ブリアンツァ)

la Brianza (ラ ブリアンツァ)

la Brianza (ラ ブリアンツァ)

la Brianza (ラ ブリアンツァ)

じっくり楽しみたい人にはディナーをコースで楽しむのがオススメだが、la Brianza (ラ ブリアンツァ)はランチのコストパフォーマンスの高さもかなり話題。まずは気軽にランチから行ってみるのもいいかもしれない。確かに、ミシュランでも3年連続ビブグルマンとして掲載されたこちらのお店でこれだけの価格でランチを堪能出来るのは凄いとしか言いようがないだろう。オススメメニューはこだわりのカルボナーラ。濃厚でクリーミーな味わいのソースに負けない燻製の香りのする肉厚のベーコンが香ばしく、女性でも大盛りをぺろりと平らげてしまえる美味しさ。イタリアン好きこそla Brianza (ラ ブリアンツァ)の料理を味わってみていただきたい。

    • TEL:03-6804-5719
    • 予約:可
    • 住所:東京都港区六本木6-12-3 六本木ヒルズけやき坂通り 六本木ヒルズレジデンスC棟 3F
    • アクセス:六本木ヒルズけやき坂エリア レジデンスC棟の3階部分広場
    • 営業時間:【年中無休】11:30~15:00、17:30~23:30(L.O)22:00
      ランチ営業、日曜営業
    • 定休日:年中無休
    • 予算:夜¥10,000~¥14,999、昼¥1,000~¥1,999
    • 席数:48席
    • 禁煙・喫煙:完全禁煙
    • 駐車場:有(六本木ヒルズ近駐車場あり)

公式サイトはこちら

ディープな隠れ家中華『黒猫夜 六本木店』

黒猫夜

中華料理は好きだけど、普通の中華じゃ物足りない!という人は新しい中華を味わいに黒猫夜 六本木店に訪れてみるのはどうだろうか?中国各地の郷土料理など、日本ではまだまだマニアックな料理を日本人でも受け入れやすいよう上品にアレンジ。日本では馴染みのないクセのある食材も食べやすく提供してくれるという、いい意味で「本場」「本格」過ぎない、ありそうでなかったお店なのだ。
まだ食べたことのない食材を食べてみたいという好奇心旺盛なグルメ好きにもオススメしたいお店である。ちなみに、「クセのある食材」とは具体的にいうと羊に始まり、すっぽん、そしてカエルや鴨の舌などなど。文字で見るだけだと引いてしまうかも知れないが、味わってこそ。美味しければオッケーなのだ!

黒猫夜

黒猫夜

黒猫夜

黒猫夜

黒猫夜

六本木駅からたった徒歩1分という立地も素晴らしい。また、ワクワク感が楽しめるというのも嬉しいポイント。というのもこのお店はビルに看板などもなく、まさに「隠れ家」的なお店。知る人ぞ知るという雰囲気が良いスパイスになって料理を美味しくさせてくれるのである。普段と違う雰囲気だときっと会話も弾むことだろうし、久しぶりに会う友達との食事や、デートの時にもオススメしたい。コースや飲み放題もあるのでいろんな使い方が出来るのも嬉しいところだ。

  • TEL:03-3497-0256
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木4-9-1 佐竹ビル 4F
  • アクセス:日比谷線六本木駅6番出口
  • 営業時間:【月~金】11時30分~14時00分(L.O13時30分)、18時00分~23時30分(L.O22時30分)
    【土】18時00分~23時00分(L.O22時00分)
    ランチ営業、夜10時以降入店可
  • 定休日:日曜・祝日
  • 予算:¥6,000~¥7,999
  • 個室:有
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:無

 

公式サイトはこちら

鶏を全力堪能『晩鶏』

晩鶏 (バンチョウ)

焼き鳥が好きという人は多いだろうが、ここを知らなければ焼き鳥は語れない…そんな風に話す焼き鳥好きもいるほど。そんな多くの焼き鳥好きを虜にしているのが晩鶏 (バンチョウ)である。大将の荻田さんは焼き鳥の世界に入るまでは日本料理を勉強されていたそうで、料理にそれがしっかりと反映されているのが面白い。お通しの煮物はしっかりと出汁の味を感じることが出来、技が存分に活かされているのがよくわかった。
丁寧な料理はどれも味わい深く、日本酒との相性もばっちりだ。お酒も様々な種類が用意されているが、ぜひ日本酒と合わせてみてほしい。日本酒の美味しさを改めて体感することが出来るだろう。

晩鶏 (バンチョウ)

晩鶏 (バンチョウ)

晩鶏 (バンチョウ)

晩鶏 (バンチョウ)

晩鶏 (バンチョウ)

また、珍しいのが「鶏なめろう」ではないだろうか。そしていいものがあった時にだけ登場する「肝刺し」。口の中に入れると溶けるような濃厚な旨味が最高。そのうち鶏レバーもダメになってしまうかもしれないので、食べるなら今のうちかもしれない。
こういうこだわった焼き鳥屋さんだと小ぶりなイメージがあるかもしれないが、こちらは大きめで食べごたえのある焼き鳥。あまり小さいと食べごたえが無くて寂しい思いをしていたので、これはかなり嬉しかった。好きな焼き鳥を注文するのもいいが、アラカルトで注文するのも普段自分では進んで食べることのない部位を味わうことが出来るのでオススメ。やはり何事も経験。美味しいものだって経験なのだ。

  • TEL:050-5570-2944
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区西麻布1-14-2 疋田ビル 1F
  • アクセス:日比谷線 広尾駅・六本木駅 徒歩10分
    大江戸線 六本木駅     徒歩10分
    千代田線 乃木坂駅     徒歩8分
    乃木坂駅から629m
  • 営業時間:17:00~23:30
    夜10時以降入店可
  • 定休日:日曜日
  • 予算:¥6,000~¥7,999
  • 席数:26席(カウンター16席 テーブル10席)
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙(店の入り口での喫煙可)
  • 駐車場:有(店の隣にコインパーキング有)/li>

 

公式サイトはこちら

まとめ

以上、六本木の美味しいお店をご紹介させていただいたが気になるお店はあっただろうか?色んなシチュエーションや気分があると思うが、何かの機会に是非足を運んでみてほしいお店ばかり。
文字でどう頑張って伝えようとしても味やお店の魅力が上手く伝わらないのがもどかしいほどだ。これはやはり、一度実際に足を運び、お店の料理を味わってみてもらう他ないだろう。
今日は何を食べようか?そんな風に迷った時のお店としてでもいい、行きたいお店リストの候補に入れておいて貰えれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*