六本木でランチならここが最強!通いたくなる穴場3店舗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
六本木 ランチアイキャッチ

少し前までは暖かくなったと思ったら急に冬が戻ってきたように寒くなっていたものの、最近ではすっかり春の陽気。まだ少し肌寒さはあるものの風はすっかり春の風である。もう4月も終わりに近づき、入学、入社された方たちも徐々に新しい環境に溶け込みつつある頃だろうか?とはいえまだまだ気は抜けない。緊張する日々の連続だろう。忙しい中ではせっかくの花見ものんびりと楽しむことが出来なかったかもしれない。そんな人にこそゆったりと楽しんでほしい時間がある。それが、お昼のランチタイムの時間である。

朝から何時間か仕事をして、ちょうどお腹が空くタイミングがまさにお昼。そんなばっちりのタイミングに美味しい食事でお腹を満たすことが出来る幸せと言ったら。社会人になってウン十年。自由に生きているつもりだが、それでも今振り返ってみると学生時代の給食の時間が如何に有り難かったかがよくわかる。お昼に近づいてくると少し開いた窓から給食の香りがしてきて、その度に静かに「ぐうう」とお腹を鳴らしていたものだ。

忙しいとついついお腹を空かせることすら忘れてしまう。だが、だからこそたまには思いっきり気合を入れてお腹を空かせてみるのというのもいいのではないだろうか?忙しい合間に、この後の打ち合わせのことを考えたり取引先へのメールの文言を考えたりしながら口に詰め込む味気ない栄養補給ではなく、「お腹が空いた!」そう思って気になるお店で食べたいお昼ご飯を食べる幸せ…

と、随分前置きが長くなってしまったが、今回ご紹介したいのはそんなとっておきのお昼ご飯として是非足を運んでみてほしいお店3つである。場所が近ければ仕事の合間に食べるでもいいし、休みの日、半休の日、たまたま少し時間がある日にでも足を運んでみてほしい。もちろん、忙しい時に食べてはいけないというルールはない。自分がしっかりその食事に向き合うことが出来る、その自信があるならいつ食べに行くかは自由!のんびり気ままにランチを楽しんでみてほしい。それではご紹介していこう!

これぞ現代人の癒やし!六本木究極のランチ3選

ちょっと変わった中華が楽しい『黒猫夜 六本木店』

黒猫夜 六本木店

まず最初におすすめしたいのが黒猫夜 六本木店。ここではちょっと変わった楽しい中華ランチが楽しめる。目立たないビルの4階に位置しているため、このお店を知らなければわざわざ足を運ぶことは絶対にないだろう立地。だがそこがまた隠れ家っぽくて面白い。ランチタイムにワクワク感を感じたい人には絶対にここはおすすめしたい。夜も営業しており、一風変わった中華で美味しいお酒を楽しむことが出来るが、いきなり夜行くのは抵抗がある人もランチタイムなら安心して足を運ぶことが出来るのではないだろうか。

黒猫夜 六本木店

黒猫夜 六本木店

黒猫夜 六本木店

黒猫夜 六本木店

六本木の隠れ家中華としても有名な黒猫夜 六本木店は個性的な雰囲気、そしてありがちな中華ではない、ちょっと変わった中華料理が人気のお店だが、そんなお店の特徴はランチにもしっかりと活かされている。ランチは週替りなのだが、そのメニューのどれもが定番メニューからはかけ離れたものだ。牛すじと厚揚げの田舎煮込み土鍋飯、巨大肉団子土鍋御飯、鶏むね肉の黒胡椒土鍋御飯、香味蒸し鳥の土鍋御飯などなど。普通の中華やランチは食べ飽きてしまった人はここ黒猫夜 六本木店のちょっとマニアックで面白いランチで楽しいひとときを過ごしてみてはいかがだろうか。

  • TEL:03-3497-0256
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木4-9-1 佐竹ビル 4F
  • アクセス:日比谷線六本木駅6番出口
  • 営業時間:【月~金】11時30分~14時00分(L.O13時30分)、18時00分~23時30分(L.O22時30分)
    【土】18時00分~23時00分(L.O22時00分)
    ランチ営業、夜10時以降入店可
  • 定休日:日曜・祝日
  • 予算:¥6,000~¥7,999
  • 個室:有
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:無

 

公式サイトはこちら

カジュアルに最高の料理を楽しむ『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション

忙しい合間にガーッと美味しいものをガツガツかっこんで食べて、そしてバリバリ働く。それはそれでパワフルでいいが、毎日それでは新鮮さが足りない。ルーチンワークを作り習慣化することでより効率的に行えることもあるが、たまには食事を楽しんでもいいのではないだろうか?ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションはそんな時に是非訪れてみてほしいお店である。

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション

広いカウンターでカジュアルに一人ランチも楽しめるお店だが、カジュアルでありながら料理のレベルはかなりのハイレベル。ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションでなら間違いなくとっておきのランチタイムを過ごすことが出来るだろう。ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションでの食事は是非ゆったりと、時間を気にせずに楽しんでほしい。

  • TEL:03-5772-7500
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド 2F
  • アクセス:東京メトロ日比谷線、都営大江戸線 六本木駅下車徒歩1分
    六本木駅から313m
  • 営業時間:Lunch
    平日 11:30~14:30(L.O.)
    土日祝 11:30~15:00(L.O.)
    Dinner
    18:00~21:30(L.O.)
    日曜営業
  • 定休日:なし
  • 予算:夜¥10,000~¥14,999、昼¥6,000~¥7,999
  • 席数:66席
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:六本木ヒルズ駐車場あり

 

公式サイトはこちら

肉!肉!肉!『ウルフギャング・ステーキハウス 六本木』

ウルフギャング・ステーキハウス 六本木 (Wolfgang’s Steakhouse)

みんな大好きがっつりお肉!最近元気がない。ガッツが足りない気がする。いまいち闘争心がない。もしも今、あなたがそんな風に感じているならそれは「肉不足」になってしまっているのかもしれない。とは言え世は空前の糖質制限ダイエットブーム。筋トレのお供、ダイエットのお供に鳥の胸肉や鳥のささみを食べまくっているという人もいるかもしれない。…が、しかし食べるべきなのは牛肉!美味しいステーキを食べて腹の底から湧き上がるようなやる気を漲らせよう。うっかりお店の名前を紹介するのを忘れてしまっていたが、このウルフギャング・ステーキハウス 六本木ならそんなお肉を食べることが出来る。

ウルフギャング・ステーキハウス 六本木 (Wolfgang’s Steakhouse)

ウルフギャング・ステーキハウス 六本木 (Wolfgang’s Steakhouse)

ウルフギャング・ステーキハウス 六本木 (Wolfgang’s Steakhouse)

ウルフギャング・ステーキハウス 六本木 (Wolfgang’s Steakhouse)

ウルフギャング・ステーキハウス 六本木 (Wolfgang’s Steakhouse)

一人ランチでもでも大きなTボーンにかぶりつくのは楽しいが、せっかくの大きなお肉。同僚や上司と、友達と、家族とわいわいしながらかぶりつくのはもっと楽しいはずだ。やわらかくてジューシーで、食べているだけで元気を貰えるようなこちらのステーキをご堪能あれ。

  • TEL:050-5872-9994(予約専用番号)、03-5572-6341(お問い合わせ専用番号)
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木5-16-50 六本木DUPLEX M’s 1F
  • アクセス:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線 六本木駅より 徒歩4分
  • 営業時間:11:30~23:30(22:30 L.O.)
    ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
  • 定休日:無
  • 予算:夜¥10,000~¥14,999、昼¥10,000~¥14,999/li>
  • 席数:178席
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:無

 

公式サイトはこちら

まとめ

以上、とっておきのランチ、通いたくなるお店として3つのお店をご紹介させていただいたが、気になるお店はあっただろうか。写真や文章であれこれど並べても、結局実際に自分で味わってみる以上の情報は得ることはできない。というわけでまずは是非実際に自分でお店に足を運んで味わってみてほしい。きっとステキなランチタイムになるはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*