ランダムに六本木の美味しい店5選!ステーキから生牡蠣までご紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

せっかくの外食なら特別な機会にしたい。美味しいご飯だったりオシャレなお店だったり、都内には様々なお店が存在する。その中でも六本木はバラエティ豊かで都内屈指のクオリティが保たれているので足を伸ばしてみるのはオススメだ。一人で食べる食事の際もスマホで写メを撮ってSNSにアップして楽しむのもいい時代だ。会社の飲み会や気がおけない友人と大人数で美味しいご飯を食べて盛り上がってその場で喜びを共有するのも楽しい。六本木には地方都市のように名産物がない代わりに全てのものがバリエーション豊かに存在する。見知らぬバーやクラブに足を運んでアバンギャルドに過ごすのも新鮮だし、美術館で芸術品にふれて英気を養うのも一つの過ごし方だ。ビジネスの合間やレジャーの後の食事として六本木の美味しいお店をご紹介しよう。全てのお店のクオリティが素晴らしく他の街に設立していたらその街の代表店になっているであろう素敵な美味しい店ばかりだ。

六本木のとにかく美味しい店 5選。

美味しい店といっても人それぞれ様々な価値観がある。テレビで紹介されたお店が美味しく感じるのはもちろん、信頼できる知人のオススメだったり、果ては薄味や濃い味だったりの好みもある。六本木ならではのインパクトのある美味しいお店から気軽に入れるお店までご紹介していこう。これをきっかけに新しい店に足を伸ばして新たな美味しい店との出会いに繋がれば幸いだ。

大人の美食家をうならすドライエージングステーキ(ウルフギャング・ステーキハウス )

ウルフギャング・ステーキハウスは、ニューヨーク・ブルックリンの名門ステーキハウスでヘッドウェイターとして活躍したウルフギャング・ズウィナー氏が独立して2004年マンハッタンに創業。現在では、舌の肥えた美食家をも唸らす極上ステーキハウスとして、アメリカ国内で絶大な人気を誇る。日本に上陸して初めての出店は六本木。もちろん六本木でも極上のステーキを味わう事が可能だ。日本の霜降り肉とは違うダイナミックなTボーンステーキは赤身がメインのお肉。高級な店ながら量もしっかりとある所も信頼がおけるところ。人気は国内でも流行しているドライエージングステーキ。繊細さよりもこってり美味しくアメリカの現地で食べられるレベルに満足だ。

六本木 美味しい 店

六本木 美味しい 店

六本木 美味しい 店

日本人の中ではハワイのお店でこちらのステーキを食べている人が多いのではないだろうか。アメリカ国内はもちろん観光地のハワイでも絶大な人気を誇るのがこちらのお店だ。テーブルサービスもつかず離れずの距離で手際がよくほどよい。アメリカンなお店らしく店内の空気も風通しがよく活気があるのもポイントが高い。店内ではよくバースデーイベントをしたりしているのでお祝いの時の記念に美味しいステーキで最高の瞬間を迎えよう。

▼店舗情報▼

  • TEL:050-5872-9994
  • 予約:予約可
  • 住所:東京都港区六本木5-16-50 六本木DUPLEX M’s 1F
  • アクセス:テ東京メトロ日比谷線・都営大江戸線 六本木駅より 徒歩4分
    六本木駅から369m
  • 11:30~23:30(22:30 L.O.)ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
  • 定休日:無
  • 予算:夜¥3,000~¥3,999 昼〜¥999
  • 席数:178席
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:無

食べログのページはこちら

中華・マレー半島・インドネシアの食文化が混ざり合う(海南鶏飯食堂 麻布店

東南アジアの都市として存在感をましているシンガポール。そこは中国、マレー、インドネシアなどのアジア諸国の文化が入り交ざった街でもある。そんなシンガポールの国民食といえば海南鶏飯(シンガポール(ハイナン)チキンライス)」タレは中国の濃口醤油、チリソース、生姜ダレと3種類。鶏のスープで炊いたジャスミンライスは風味が豊かだ。もちろんチキンの方もジューシーで味、サービス、雰囲気の3拍子がそろったオススメのお店だ。他にも空芯菜などのサイドメニューも豊富なので気軽にアジアの美味しい料理を味わう事ができる。ヒルズ近くなのでアクセスも難しくなく店内も白をベースにしたモダンで落ち着ける空間で手軽にマレー半島へ行った気分だ。

六本木 美味しい 店

六本木 美味しい 店

六本木 美味しい 店

ガパオライスやふわふわなオムレツなどもアジア現地ほどの味付けではなく、適度に日本を意識してくれているような気遣いを感じる。テラス席もあったり予約で埋まっていたりもするが、回転も早いので少し待てば簡単に着席できるのも嬉しい。ここ数年人気だったパクチーを使ったメニューも多数用意されているのでアジアンな料理に興味が少しでもあれば大満足で店を出る事ができるはずだ。リピーターも多く、店員さんの人間味あふれる接客のファンが多いのも納得。訪れれば訪れるほどファンになる事は間違いない。

▼店舗情報▼

  • TEL:03-5474-3200
  • 予約:予約可
  • 住所:東京都港区六本木6-11-16 中銀マンション裏手
  • アクセス:テレビ朝日隣のフードマガジンの裏手。車は、フードマガジンのあるビルのパーキングを利用すると便利
    [電車] 日比谷線六本木駅又は大江戸線麻布十番駅
    麻布十番駅から400m
    /li>
  • 営業時間:[月~金]
    11:30~14:00(L.O.13:30)
    18:00~23:00(L.O.22:00)
    [土・日・祝]
    11:30~15:00(L.O.14:30)
    18:00~23:00(L.O.22:00)
  • 定休日:不定休
  • 予算:夜¥3,000~¥3,999 昼〜¥999
  • 席数:45席
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:無

食べログのページはこちら

土佐名物 カツオのたたきと藁焼き (わらやき屋 六本木)

四国で最大の面積を持つ高知という土地は豊かな森林と青い海が魅力。温暖で日照時間が長いことから変化に富んだ自然条件を有している。六本木の交差点から芋洗坂を下っていく時にひときわ目をひく外観のお店には国内はもとより外国、海外のゲストも多い。分かりやすく店内で焼き上げる藁の豪快な炎のインパクトは凄い。高知の名産のカツオを藁で焼いた塩たたきは絶品だ。都内で高知の料理が手軽に食べられるのは珍しくて新鮮。英雄、坂本龍馬のようにいごっそうな男性が多い事で知られる土佐の骨太な料理を楽しもう。

六本木 美味しい 店

六本木 美味しい 店

六本木 美味しい 店

カウンターにテーブル、それから座敷もあるので来店人数やその日の目的に合わせて豪快な料理を味わう事ができる。個人的なオススメは高知の地鶏だ。藁の香りを楽しみつつお酒もどんどん進んでいく。しょうがで食べる事がスタンダードと思われがちなかつおの塩たたたきはにんにくと薬味で頂く。A級メニュー以外にもにら塩焼きそばなどのB級メニューなども用意しているので飽きずに美味しい食事を続ける事ができる。お酒の方もオリジナルの飲み物で来客者を楽しませてくれる工夫が随所にしてある。使い方としては学生の飲み会から国外からのゲストを迎えた時など様々なシチュエーションに対応可能だ。

▼店舗情報▼

  • TEL:03-4540-6573
  • 予約:予約可
  • 住所:東京都港区六本木6-8-8 六本木ゴーディービル 1F
  • アクセス:地下鉄六本木駅 3番出口 徒歩3分
    六本木駅から189m
  • 営業時間:[月~土・祝前 17:00~05:00(L.O.04:00) 日・祝 17:00~23:00(L.O.22:00)
  • 定休日:無休
  • 予算:夜¥4,000~¥4,999
  • 席数:71席
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:無

食べログのページはこちら

 

隠れ家で最高級の牡蠣を(オイスター&ワイン・シーズン 

六本木の表通りに面していながら都会の喧騒を感じさせないアットホームな隠れ家空間。店内は地中海の洞窟をイメージしたような雰囲気で新鮮な生牡蠣を味わう事ができる。熊本・福岡・兵庫・香川・宮城・北海道等…日本各地の漁師から送られた新鮮な牡蠣のみを提供してくれるのでまさに六本木の美味しい店といえる。牡蠣の産地が違う事でミルキーだったりプリプリだったり繊細な違いを感じる事ができるのは専門店のオイスターバーならではの楽しみだ。ミッドタウンの前にあるのもアクセスしやすくて利便性が高い。

六本木 美味しい 店

六本木 美味しい 店

六本木 美味しい 店

店内のブルーが都会的でおしゃれ、女子会にもピッタリで大変人気である。牡蠣以外のサイドメニューもレベルが高く、牡蠣がどうしても苦手な方も安心して食事をする事ができる。嫌いな食べ物が急に大好物に変わるというのもよく聞く話でもある。品のある店員さんがワインのオススメ等も教えてくれるので自分の好みを伝えるだけで素敵な食事の時間を約束してくれる。白ワインと生牡蠣のハーモニーに感動した事があるのは筆者だけではないはずだ。

▼店舗情報▼

  • TEL:050-5592-9322
  • 予約:予約可
  • 住所:東京都港区六本木7-12-3 Power House B1F
  • アクセス:都営地下鉄大江戸線六本木駅徒歩1分
    六本木駅から214m
  • 営業時間:[月~金]18:00~24:00 7月24日〜28日
    フードLO23:00 ドリンクLO23:30
    [土曜日]17:00~23:30 LO22:30
    ランチの営業は致しておりません。夜10時以降入店可
  • 定休日:月曜日・ランチ不定休
  • 予算:夜¥8,000~¥9,999 昼¥1,000~¥1,999
  • 席数:24席
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:無

食べログのページはこちら

まとめ

今回はランダムに六本木の美味しい店を選ばせてもらった。様々なバリエーションの店を知っておく事でどんなシチュエーションの時も対応できるのではないだろうか。料理が美味しいお店ならではのこだわりや細かい気配りを体験すると人生が豊かになる。苦手な食べ物がふとしたきっかけで好物に切り替わったりもするのでチャレンジ精神は旺盛な方が楽しめるはずだ。せっかくの外食だからこそ冒険心を大切に有意義な時間になるよう下調べを大切にして足を運んでほしい。六本木という街は器がひろく、様々な文化を内包している。その結果、街に行くだけで様々な機会に恵まれる事ができるようになった。これからもどんどん拡大や文化は広がっていくはずなので街全体からも美味しい店からも目が離せない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*