六本木周辺で本当にウマい沖縄料理店!忘れられない味の厳選7店舗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
六本木 沖縄 料理アイキャッチ画像

沖縄料理(別名:琉球料理)は沖縄料理の郷土料理
定番のゴーヤチャンプルー、ソーキそば、ミミガー、テビチ(豚足)、ラフテーなどの肉料理の他、にんじんしりしり、島豆腐、ジーマミー豆腐、豆腐よう。
そしてオリオンビールに泡盛!

最初は都内にも数店しかなかった沖縄料理店も今ではかなりお店の数が増えてきており、沖縄料理好きな人もかなりいるのではないだろうか?

そこで今回は、グルメタウン六本木で本当におすすめしたい沖縄料理店を7つ、厳選してご紹介させて頂こうと思う!

ハマる旨さがそこにある。絶品沖縄料理のお店7つ

沖縄料理は実際かなり独特で、苦手な人や食わず嫌いな人も中にはいるのではないだろうか。
でも、イメージだけで食べずにいるのはもったいない!
独特だからこそ、一度ハマってしまったら抜け出せない程の奥深い魅力があるのだ。

そんな沖縄料理を知るためのお手伝いができればと思う。
それでは筆者が実際に食べ歩いたお店の中で特にオススメしたい7店舗をご紹介していこう!

アットホームなお店でレア泡盛が楽しめる│『しゅうずかん』

しゅうずかん (SHUZUKAN)は本格的な泡盛が楽しめる、沖縄出身のマスターのお店だ。
お店の自慢であるグルクン(フエダイ科の魚)と、島豆腐を紅麩で発酵させたた豆腐ようは是非一度味わってみてほしい。
沖縄に住んでいるマスターの弟さんから直送なので、まさに沖縄本場の新鮮素材を目一杯楽しむ事が出来てしまうのである。
特に、かめに入れて保存されている「轟(とどろき)」は泡盛好きにはたまらない素晴らしい美味しさなので、お店に足を運んだ時には是非味わってみてほしい。



こちらのお店のおかみさんはお母さんのようでなんだかアットホーム。まるで自分の家で食事をしているような気分で、リラックスして絶品の沖縄料理を楽しめる。
この界隈にしてはとても良心的なお値段で、しかも数々の珍しい泡盛が楽しめるため沖縄料理の穴場と言ってもいいお店だろう。

  • TEL:03-3451-6108
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区南麻布1-5-3 ニューハイツ麻布仙台坂
  • アクセス:麻布十番駅から474m
  • 営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)
    18:00~翌1:00(L.O.24:00)
    ランチ営業
  • 定休日:日曜・年末年始
  • 予算:夜¥4,000~¥4,999、昼~¥999
  • 席数:32席
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:無

 

食べログはこちら

六本木らしい洗練されたオシャレな沖縄料理店│『ondo』

ondo (オンド)は洗練されたおしゃれな沖縄料理屋さん。
夜はかなり遅くまで営業しており、金曜や祝日の前の日は始発が始まる朝5時まで営業しているという頼もしいお店。
2017年4月28日からはランチもオープン。夜だけじゃなくお昼から美味しい沖縄料理ランチを楽しめるのは本当に嬉しい。
おにポー(具が選べるおにぎりサンド)、ソーキそば、やんばる地鶏唐揚げなどのおかずや選べる小鉢、ドリンクをセットにした沖縄定食でお昼からがっつり沖縄気分に浸るのも良さそうだ。



もっちりした食感に濃厚なピーナッツの味わいが楽しめるジーマミー豆腐は絶品!海老とゴーヤの冷製さっぱり生姜だれもオシャレな沖縄料理と言った感じで美味しかった。
沖縄料理というとどちらかというとアットホームで家庭的なイメージがあったが、こんなにオシャレな沖縄料理屋さんもあるのかとちょっとびっくり。
深夜まで営業しているので2件目、3件目のお店を探している時の候補に是非組み込んでほしいお店である。

  • TEL:03-5411-8818
  • 予約:完全予約制(ランチタイムのご予約は、11時半の開店時のみ承ります)
  • 住所:東京都港区六本木 7-4-8 TKGビル 302
  • アクセス:六本木ミッドタウン正面出光ガソリンスタンドを星条旗通りに入り、60mほど進んだ右手。
    国立新美術館手前、焼肉綾小路のビルの3階。
  • 営業時間:ランチタイム
    [月~金]11:30~15:00(売り切れ次第終了)
    ディナータイム
    [月~木]18:00~2:00
    [金・祝前日]18:00~5:00
    [土]18:00~23:00
    ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、始発まで営業
  • 定休日:日曜日、祝日、年末年始
  • 予算:夜¥5,000~¥5,999、昼¥1,000~¥1,999
  • 席数:28席(カウンター10席前後、個室18席前後)
  • 禁煙・喫煙:分煙(ランチタイム完全禁煙)
  • 駐車場:無

 

公式フェイスブックはこちら

仲間由紀恵も愛した故郷の味│『島唄楽園 美海店』

島唄楽園 美海店 (しまうたぱらだいす)はあの仲間由紀恵もテレビ番組で来店したという六本木の沖縄料理の中でも有名なお店。
16席とこじんまりしているが料理長はこの道40年のベテラン!芸能人や業界人がプライベートでひっそりと愛用しているというまさに「六本木にある沖縄」と言えるお店だろう。

ちなみに仲間さんは『ぴったんこカンカン』で安住アナと「ソーキそば」「ラフテー」を食べて絶賛していたとか…。
ということで筆者も島らっきょうと共にソーキそばとラフテーを注文。




コシのある中太のストレート麺に、あっさりしたスープが沁みる~。
ラフテーも柔らかく、からしを付けて食べるとまた美味しい。
こちらの『島唄楽園 美海店』は、沖縄料理はやっぱり美味しい。そう改めて実感させてくれる老舗沖縄料理屋さんだ。

  • TEL:03-5771-1303
  • 予約:可(15時から17時までは、予約電話は受付できません)
  • 住所:東京都港区南青山1-15-18 リーラ乃木坂 1F
  • アクセス:東京メトロ千代田線【乃木坂駅】徒歩2分
    都営地下鉄大江戸線【六本木駅】徒歩8分
    東京メトロ銀座線・半蔵門線【青山一丁目駅】徒歩9分
  • 営業時間:[月~金]11:30~15:00(L.O.14:30)/17:00~24:00(L.O.23:00)
    [土]17:00~24:00(L.O.23:00)
    ランチ営業、夜10時以降入店可
  • 定休日:日曜日、祝日
  • 予算:夜¥3,000~¥3,999、昼~¥999
  • 席数:18席(カウンター6席 テーブル12席)
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可(昼は近くに総合病院があるため、医師や患者さんの利用も多く禁煙)
  • 駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)

 

公式サイトはこちら

入手困難な泡盛「宮之鶴」が飲める店│『OKINAWAN BAR MAMI-ANA』

沖縄出身の兄弟が切り盛りしているアットホームなOKINAWAN BAR MAMI-ANA (バー・マミアナ)
65種類以上の泡盛を取り揃えており、なんと、入手が難しいと言われる泡盛「宮之鶴」までも置いてある!沖縄の音楽が流れる店内で濃厚な甘さとキレが特徴の泡盛「宮之鶴」と絶品沖縄料理をご堪能あれ。


こちらのお店で特に印象に残ったのはゴーヤチャンプルー
沖縄の家庭料理で、今ではコンビニでも売られているほど定番の味となったがこの店のゴーヤチャンプルーはなぜかめちゃくちゃ美味しい!
ジーマミー豆腐、ミミガーキムチ、ソーキそばも文句なしに美味しい。故郷の味を大切にしながらも兄弟で切磋琢磨し、この味が完成されたのかと思うとなんだか感慨深いものがある。


飲み放題のコースも有り、「3時間飲み放題+料理5品コース」でお一人様3980円~というお得っぷり。六本木界隈でこのお値段はかなりスゴイ!
モニターや音響設備もあるので、サプライズパーティーや大人数での集まりにはもってこいのお店だ。
ちなみに、以前はランチも営業していたが現在は一時休止中なのでご注意を。

  • TEL:050-5570-4687
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区麻布台3-3-19 石野ビル 2F
  • アクセス:六本木駅より徒歩7分
    麻布十番より徒歩6分
    六本木1丁目より徒歩6分
    麻布十番駅から480m
  • 営業時間:【ディナー】
    月~金19:00~翌2:00(1:30LO)
    ※ご予約によりオープン時間調整可能
    土18:00~23:00(22:30LO)
    ※ご予約によりオープン時間調整可能
    夜10時以降入店可、夜12時以降入店可
  • 定休日:日曜・祝日
  • 予算:夜¥5,000~¥5,999、昼~¥999
  • 席数:30席
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:無

 

公式サイトはこちら

味・コスパ・ボリューム三拍子揃ったランチが人気│『花唄 広尾店』

花唄 広尾店 (ハナウタ)はボリュームランチがめちゃくちゃ魅力的!
定番のタコライス、ゴーヤチャンプルー、唐揚げなどの定食の他、BBQタルタルスパム定食、スパム明太子マヨエッグ定食というちょっとジャンクで遊び心満載の定食もある。
お値段もどれも1000円以内に収まる程の値段で、味よし、コスパよし、ボリュームよし◎
汁物をプラス100円でソーキそばに出来るのも嬉しい。




目玉焼きにスパムの組み合わせはどちらかというとランチより朝食のベーコンエッグを思わせたが、スパムの定食はかなり人気な様子。
ランチタイムは女性のお一人様もかなり多く賑わっているので、男性も女性も安心して足を運んでみてほしい。

  • TEL:03-5791-2524
  • 予約:可
  • 住所:東京都渋谷区広尾5-17-6 河上ビル B1F
  • アクセス:地下鉄日比谷線広尾駅 2番出口より徒歩5分
    広尾駅から306m
  • 営業時間:ランチ   月~土:11:30~15:00(L.O14:30)
    ディナー 月~日:18:00~ 0:00(L.O.23:00)
    ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業
  • 定休日:無休
  • 予算:夜¥4,000~¥4,999、昼¥1,000~¥1,999
  • 席数:45席(カウンター4席 テーブル40席)
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:無

 

食べログはこちら

モダンでオシャレ!雰囲気ばっちり│『Hai-Sai 六本木』

Hai-Sai 六本木 (オキナワダイニングハイサイロッポンギ)は今時っぽいテイストのオシャレで洗練されたお店だ。
白を基調とした店内はモダンで、シーサーがとても可愛らしい。
ランチメニューは日替わり琉球プレート、島ドーフ麻婆丼などなど色々あり、勿論定番のゴーヤチャンプルーやラフテーも。




しっかりとスープの味が楽しめる沖縄そばは絶品で、これだけでも食べに来る価値あり。
お店の雰囲気もいいのでランチはもちろん、デートの時のディナーにも良さそうだ。アットホームな沖縄料理とは少し雰囲気の違う、モダンな沖縄料理屋さんにも一度足を運んでみてはいかがだろうか?

  • TEL:050-5570-4701
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木5-18-1 PURE六本木B1
  • アクセス:
    南北線六本木一丁目駅
    日比谷線六本木駅
    六本木一丁目駅から456m
  • 営業時間:18:30~4:30
    祝日0:00まで
    夜10時以降入店可、夜12時以降入店可
  • 定休日:日曜日
  • 予算:¥3,000~¥3,999
  • 席数:20席
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:無

 

食べログはこちら

六本木横丁の中の沖縄│『沖縄食堂 瀬戸海人』

コース料理も充実した沖縄食堂 瀬戸海人 (オキナワショクドウ セトウミンチュ)は六本木に突如現れた六本木横丁の中にある沖縄料理店。
店内は大衆居酒屋っぽい雰囲気がありつつ、新しいお店ということもあり清潔感もあって居心地も良い。
料理はどちらかというとあまり沖縄料理独特のクセが抑えられており、沖縄料理が初めての人、苦手な人でも食べやすい印象。
苦手な人も結構いると思われる豆腐ようもこちらのものはかなり食べやすくなっているので、食べた事のない人も是非一度チャレンジしてみてほしい!
ただし、筆者のようにクセの強い豆腐ようが好きな人には若干物足りなく感じてしまうかもしれない。





とろっとろのラフテーがたまらない。
〆のネギトロ丼にはアボカド、とびこ、沖縄の海ぶどう、卵黄が乗っており、普通のネギトロ丼とは一味違ってこれがまた美味しい。
店内には沖縄を感じさせる小物がやポスターなどがあり、沖縄っぽい雰囲気はばっちり。
料理も美味しく、リーズナブルで接客も気持ちがいい。気軽に沖縄料理を楽しみたい時にはぴったりのお店だろう。

  • TEL:050-5592-4609
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木5-5-1 六本木ロアビル 1F
  • アクセス:都営大江戸線、都営日比谷線 六本木駅3番出口徒歩5分。
    六本木駅から297m
  • 営業時間:【月~木、日、祝日】 17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:30)
    【金、土、祝前日 】 17:00~翌5:00 (料理L.O. 翌4:00 ドリンクL.O. 翌4:30)平日17:00-18:00の間はハッピーアワー◎メニュー内ドリンクがALL300 円
    夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、始発まで営業
  • 定休日:無休
  • 予算:¥2,000~¥2,999
  • 席数:32席
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可(節煙にご協力ください)
  • 駐車場:有(六本木ロアビル地下に有料駐車場あります。近隣にタイムズもあります。)

 

公式サイトはこちら

まとめ

7つのお店をご紹介させて頂いたが、気になるお店はあっただろうか?
実は六本木にはまだまだ沖縄料理のお店は少ない。
つまり、今なら六本木の沖縄料理店を網羅することも簡単に出来てしまうのである!

ランチが美味しいお店、雰囲気のいいお店、コストパフォーマンスが凄い店、接客が気持ちいいお店、レアな泡盛が飲めるお店…色々なお店があるが、やはり最終的には自分で足を運び食べてみないことには判断は下せない。
家庭料理の味はどの家庭でも異なるように、沖縄料理の味も店によって大きく異なっている
六本木が沖縄料理の激戦区になる前に、是非色んなお店に足を運び、様々な沖縄料理を味わってみてほしい。

そして、美味しかったらこう叫ぼう!(笑)
「イッペー(とっても)マーサン(おいしい)!!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*