六本木で食べる絶品ピザ!本場イタリアの味を楽しめるおすすめ3店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
六本木 ピザ アイキャッチ画像

ピザ。ピッツァ。pizza。
今や日本でもすっかりおなじみになったイタリア生まれの食べ物である。
一般的な作り方は生地であるピザクラストの上にトマトソースを薄く塗って、肉や野菜などの具やハーブ、チーズを乗せて釜やオーブンで焼き上げる。
トマトソースを使わないものはピッツァ・ビアンカ(白いピッツァ)という。
上に乗せる具材によって、マルゲリータ、マリナーラ(船乗り風)、ボスカイオラ(木こり風)、ロマーナ(ローマ風)、クワットロ・フォルマッジ、ビスマルク…等の呼び方がある。
円形にした生地に具材を乗せ、半分に折って焼くか揚げるかしたものは「カルツォーネ」と言うが、これもピザの一種だ。

デリバリーピザが普及している日本では大きなピザをピザカッターで切り分けて一切れずつ食べるのが一般的だが、イタリアでは1枚を1人前として、ナイフとフォークで食べるのが普通らしい。
しかも、食べるのはソースのかかった部分だけ。縁(日本ではミミという呼び方もする)は残すという説もある。
日本のデリバリーピザでは縁にウインナーやチーズが詰まったものもあるが、これはもしかすると日本人の「もったいない精神」を表しているのかもしれない。
民族性が出るのも食べ物の面白いところの一つである。

ピザの本場といえばナポリだが、日本人は他の文化を取り入れるのが得意な民族だ。
現在では、日本でもお店やデリバリーでとても美味しいピザが手軽に食べることができる。
本場のお店に行くまで筆者はデリバリーピザか、もしくは冷凍のピザにお世話になっていることも多かった。たまに家でも作る。
それでも十分美味しいのがピザの素晴らしいところだ。

しかし…

一度、本当のピザを食べてしまったら、その美味しさは忘れられない。

イタリアナポリの味を六本木で。究極のピザを味わう厳選3店舗

それでは今回は、デリバリーピザや冷凍ピザ、手作りピザとは一線を画す、度肝を抜く絶品ピザが食べられるお店をご紹介しよう!

リーズナブルに絶品ピザを楽しめる「フレイズ フェイマス ピッツェリア 」

まるで映画の中にでも出てきそうなお洒落なお店、フレイズ フェイマス ピッツェリア (FREY’s Famous Pizzeria)
イタリアというよりはアメリカっぽい雰囲気。
こちらはミッドタウンから歩いてすぐの場所にある。英語で書かれた小さな看板が目印だ。
六本木では有名なお店だそうで、店内奥には有名人の色紙がたくさん並べられており、バックストリートボーイズ、吉田沙保里、そしてジローラモ!
イタリアの色男、ジローラモが来ているとは…この時点でお店への期待が高まる。(笑)

平日ランチはなんと1000円!六本木でこの価格は驚きだ。ドリンクは別料金だが、ピザとサラダで1000円とは、六本木ではなかなかないだろう。
ピザのメニューはマルゲリータ、マリナーラ、ビアンカ(チーズのピザ)が基本。そしてお店のオススメのピザ1種類と、お店の名物の「サニーサイドアップ(1300円)」という卵を乗せて焼き上げられたピザだ。


ピザを焼いているのを見ていたのだが、仕事がとても丁寧で、見ているだけでお腹が空いてくる。
サニーサイドアップはトマト、モッツァレラ、バジル、にんにくが入っており、卵は半熟でとろとろ。
卵が乗ったピザ「ビスマルク」はベーコン、アスパラガス、モッツァレラが半熟卵が乗せられたものが一般的だが、こちらのお店のサニーサイドアップはお店のオリジナルメニューだろう。

こちらのお店の生地は少々厚めだが、焼きがしっかりしており程よくしっとりしており食べ応えもある。これぞナポリピザという感じで、小麦のいい香りがする。
トマトソースはトマトの酸味が程よく残っており、ピザ生地は塩分控えめだが、塩をふってから焼き上げるためソースにしっかり塩気を感じられる。
半熟卵がかかった部分と、かかっていない部分で2種類の美味しさが楽しめるなんともお得なピザだ。


ビアンカはチーズの美味しさと塩気をシンプルに食べられる、チーズ好きにはたまらないピザ。これも絶品だった。
やはり驚くべきはこのレベルのピザを1000円ほどで食べられること。
トマトとモッツアレラチーズのカプレーゼもいただいたが、モッツアレラがとても新鮮でミルクのコクがクリーミーでとても美味しい。こんなに美味しいモッツアレラを使うのだから、ピザがこんなに美味しいのも頷ける。

カジュアルなお店だが、シンプルでお洒落。ここで美味しいピザを食べれば、すっかり映画の主人公になった気分になれるかもしれない(笑)
平日ランチはテイクアウトもあるようなので、時間のない時や寄り道してテイクアウトピザを楽しむのもいいだろう。
気軽に絶品ピザを食べたい時に訪れたいお店のナンバーワンだ。

  • TEL:03-3497-8820
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木4-5-15 1F
  • アクセス:六本木駅から301m
  • 営業時間:[火~土]11:30~14:30、17:30~22:00
    [日・祝]11:30~14:30、17:30~21:00
    ※ランチ、ディナー共に生地が無くなり次第終了です
    ランチ営業、日曜営業
  • 定休日:月曜日(※祝日の場合は翌火曜日がお休み) その他不定休有り
  • 予算:夜¥3,000~¥3,999 、昼¥1,000~¥1,999
  • 席数:18席
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)

 

食べログはこちら

ピザもパスタも前菜も欲張りに楽しめる「イルリトローボ」

イルリトローボ (IL Ritrovo)は86席も席数がある、広々としたとてもスタイリッシュでお洒落なお店だ。
レトロ風なシャンデリアと壁に掛けられた絵、レンガの壁がどこかシチリアの洞窟の中にでも作られたような感じを思わせる。

こちらでは15種類以上のピザ、パスタ、前菜、アクアパッツァ、肉料理、デザートまで丸ごとイタリアを堪能出来る。
六本木にありながらこちらのお店はコストパフォーマンスも評判。ランチなら1000円ほどでピザ、サラダ、そしてドリンクまでついてくる。
ピザだけじゃなくパスタも食べたい!という人は誰かとシェアしたり、パスタを単品でオーダーしてもよさそうだ。


前菜の盛り合わせは少しずつ色々楽しめるので是非頼んでみてほしい。盛り付けもとても美しく、きのこのマリネ、キャロットラペ、ブロッコリーやツナのサラダ、自家製ピクルスなど欲張りに楽しめる。

一見ケーキのようにも見えるフォアグラのテリーヌもオススメだ。滑らかで濃厚。トーストにたっぷり乗せて食べると一口で幸せな気分になれる。ワインにもぴったり。


マルゲリータは結構大きく感じ、ボリュームも満足。
ナイフとフォークで優雅に食べるスタイルのこちらのピザクラストはしっかり塩気があり、クリーミーなモッツアレラとベストマッチ。

ブルーチーズがお好きな方にはクアトロ・フォルマッジもたまらないだろう。くせの強いチーズなのでブルーチーズを控えめにしているお店もあるが、こちらはブルーチーズの香りがしっかりと感じることができた。
ランチもいいが、ディナータイムにピザを始め前菜、パスタ、肉料理や魚料理もたくさんあるため飲みたい時にもいいだろう。

こちらのお店はメニュー豊富で、貸切パーティーもOK。
パーティープランの用意もあるとのことなので、歓迎会や大人数でのパーティーにもオススメのお店だ。
コースもあるのだが、その中でも女子会コースはかなりのコスパらしいの食いしん坊の女性たちはお友達と女子会コースを予約してみてはいかがだろうか。
広々としてのんびり出来るので、デートにもオススメ。

  • TEL:050-5868-9685(予約専用番号)、03-6438-9900(お問い合わせ専用番号)
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ B2F
  • アクセス:六本木駅から210m
  • 営業時間:【平日】
    ランチタイム~11:00~15:00
    ティータイム~15:00~17:00
    ディナータイム~17:30~24:00(LO22:30)
    【土日祝】
    ランチタイム~11:00~14:30
    ティータイム~15:00~17:00
    ディナータイム~17:30~24:00(LO22:30)
  • 定休日:無
  • 予算:夜¥3,000~¥3,999 、昼~¥999
  • 席数:86席(カウンタ-8席 バール22席 メインダイニング56席)
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙(ディナータイムのみ、店内入口脇に喫煙スペース有)
  • 駐車場:有

 

食べログはこちら

最高のビールとともにピザを味わう「アウグスビアクラブ 六本木店」

アウグスビアクラブ 六本木店はお昼からでも美味しいピザとアウグスビールが楽しめるお店だ。
日本のビールの大半はラガーと呼ばれるタイプで、どんな食事にも良く合い、日本人の味覚の合うように作られている。
その反面、似たような味ばかりになってしまっているという部分もある。
アウグスビールは無濾過樽出し、酵母が生きているドイツ大麦麦芽100%で造られたプレミアムビールだ。
ピルスナー、ダークラガー、IPA、ベルジャンホワイト、そして季節によって変わるゲストビール。
ビール党の人はきっと目を輝かせてしまうことだろう。
ビール好きの人にも胸を張ってオススメしたいお店である。

しかしもちろん、ピザも本格。お店の中にある釜で焼き上げたピザは絶品だ。
20種類程のピザがあり、どれも1000円程のお手頃価格で食べられるのが嬉しい。


クアトロ・フォルマッジについてくるはちみつの中には唐辛子が入っており、甘みの中にスパイシーさを感じられて、これがまたよかった。
濃厚なチーズと相まって、とても贅沢な味になる。

おつまみも充実しており、生ハム入りコロッケ、テリーヌ、フライドポテト、チョリソーなどなどお酒が進んでしまうメニューがたくさんある。


もし甘いものが好きな人は甘いピザに挑戦してみてはどうだろう?
ピザ生地にカスタードを塗って焼き上げられ、キャラメルソースがかけられたデザートピザは香ばしいピザクラストに熱々のカスタードが相性抜群。
これだけのためにお店に来たいと思えるほど美味しかった。

こちらのお店は全席喫煙可能なので、愛煙家の方もゆったり食後の一服が出来るのも嬉しいところ。
お昼は欧米人ファミリーの姿も見られ、まるで海外にいるような気分で楽しめるのもオススメポイントの一つだ。
お昼から美味しいビールとピザが食べられるなんて、最高すぎる。まさに贅沢の極みだろう。
夜、ちょっと飲みたい時にふらっとこちらのお店に立ち寄って、お腹を満たすのもいい。ほろ酔いになっていい気分で眠りにつけるはずだ。
忙しい日常から抜け出して、こちらのお店でお手軽に美味しい一時を楽しんでみてはいかがだろうか。

  • TEL:03-6804-1655
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区西麻布3-2-21
  • アクセス:都営地下鉄大江戸線 六本木駅 徒歩7分
    東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩5分
    東京メトロ南北線、都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅 徒歩10分
  • 営業時間:12:00~23:00
    ランチ営業、日曜営業
  • 定休日:年末年始も営業
  • 予算:夜¥4,000~¥4,999、昼¥1,000~¥1,999
  • 席数:44席
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:無(徒歩3分以内にコイン・パーキングあり)

 

公式サイトはこちら

まとめ

以上が、筆者が熱烈にオススメするピザのお店たちだ。
気になるお店はあっただろうか?

イタリアではピザはナイフとフォークを使って食べるらしいとお伝えしたが、露店などで買ったピザを歩きながら食べる場合には具の乗った方を内側にして二つに折って手で食べることもあるようだ。
この食べ方は「ア・リブレット」と言われ、「本のように」という意味。
1ピースに切って食べる場合にもこの食べ方は応用出来、食べやすくこぼしにくいのでオススメの食べ方だ。
あまり上品とは言えないかもしれないが…(笑)
家やカジュアルなお店でピザを食べる時には是非試してみてほしい。

料理の味付けがそれぞれの家庭で違うように、ピザも味付け、トッピング、生地の配合はお店によって異なっている。
もちもちした食感のピザクラストが好みか、それともサクサクした食感の方が好みか。
乗せる食材、チーズにこだわっているお店もたくさんある。
たくさんのピザを味わってみれば、きっとあなた好みの、忘れられない味のピザがみつかるはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*