六本木で「そば」を食べるなら絶対に行って欲しいオススメのお店5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

六本木で美味いそばを食べたい!飲み会の後に、ランチに、仕事終わりに酒を飲みながら、夕飯として…。様々なシーンでお蕎麦というの料理は日本の食文化に根付いている。

昔の日本では、お酒を飲む社交場といえば「お蕎麦屋さん」であった。お蕎麦屋さんには、日本酒や焼酎、お酒に合うつまみ、腕の良い職人さん、美味しいお蕎麦、これらがワンセットで全て存在していた。

現代では、立ち食い蕎麦や普通の昔ながらのお蕎麦屋さんや洋風ソバや中華ソバなど様々な形で進化している蕎麦だが、今回は六本木界隈を食べつくした私が、六本木で蕎麦を食べるならココというお店5店舗を厳選して紹介しよう

六本木のおそば屋さん厳選TOP5

ここでは、六本木で蕎麦を語るならここは外せないという名店5店舗を順次紹介させて頂く。日本の食文化を語る上で欠かせない「そば」は、外国人や観光客の多い六本木では喜ばれる料理である。

あっさりしたヘルシーな食べ物としても、近年脚光を浴びている。小麦粉などに比べるとGI値が低く太りにくい炭水化物として、「炭水化物抜きダイエット」などをされる人にも強い味方となっている。

話が逸れてしまったが、さっそく下記から六本木界隈のおすすめお蕎麦屋さんを紹介していこう。

上品な味わい|『純手打そば 夢路』

純手打そば 夢路 六本木 そば

六本木交差点からミッドタウント方面に向かい、ミッドタウントは逆側の大通りから一本入った静かな通りに”純手打そば 夢路”がある。上品な佇まいの外観から、美味そうな蕎麦屋の気配が漂ってくる。

店内も落ち着いた空間を演出しており、程よい音量のBGMでJAZZがかかっており、品の良い女将さんが丁寧な接客をしてくれる。

私はいつもお昼に酒を飲みたくなったら蕎麦屋に入る。蕎麦屋では大人が1人で昼間から酒を飲んでいても許される雰囲気がある。このお店に来たときは、日本酒と板わさと天ぷらを頼み、〆に蕎麦を食べるのが良い

しっかりと手打ちで練られた蕎麦は弾力があり、つるつるっと食べきれてしまう。何も付けずに食べても強い風味を感じるほど味がしっかりしている。腰があって歯ごたえもよく、満足感のある一品に仕上がっている。

昼でも夜でも楽しめるお店なので、六本木で蕎麦を食べるなら覚えておいて欲しいお店だ。


☆おすすめの一品☆ ⇒ 合い盛りそば 1,050円(税込)
※十割せいろと十割田舎そばが半々になっている一品だ。食べ比べができるので、初回に行った際は是非こちらを食べてもらいたい。

▼店舗詳細▼

  • おすすめ:合い盛りそば 1,050円(税込)
  • 個室:無し
  • 貸し切り:可(20人以下可)
  • 営業時間(夜):[月~土1]7:30~22:00(L.O21:30) ※月曜は夜のみ営業
  • 営業時間(昼):[火~土]12:00~14:30
  • 定休日:日曜日
  • 席数:18席(カウンター4席、テーブル4席×3卓、テーブル2席×1卓)
  • たばこ:完全禁煙(店外に喫煙スペース有り)
  • 駐車場:無し
  • 予約:可
  • TEL:03-3479-0678
  • 住所:東京都港区六本木7-9-7 福一フラットビル 1F
  • 予算:夜¥4,000~¥4,999 昼¥1,000~¥1.999
  • 食べログ点数:3.54

▼店舗地図▼

公式サイトはこちら

出雲そばと旬の料理|『いづ味』

日本三大そばの一つである「出雲そば」を六本木で食べることができるのが、この”いづ味”である。出雲そばは蕎麦粉を作るときソバの実を皮ごと石臼で挽くためそばの色は濃く黒く見え、香りが強いのが特徴で、この店でも例にもれず本格的な出雲そばを食べることができる。

このお店は蕎麦粉の産地にかなりこだわりを持っており、取り扱い先を絞るわけではなく、その年の良い出来の蕎麦粉を仕入れるので、毎年少しずつ違う味わいになるのも嬉しいところだ。

また、この店はそば汁に少し特徴があり、やや辛口で昆布出汁が強めのスッキリ上品系で、出雲そばの力強さに絶妙にマッチする。何杯でも食べてしまえそうになるので、食べすぎには要注意だ。

美味い蕎麦屋はサイドメニューも美味いというのは私の持論であるが、このお店もかなり豊富な種類の美味いサイドメニューが置いてあるので、旬のおすすめをつまみながらゆるゆると酒を飲むという贅沢なひと時を過ごすことができる。


☆おすすめの一品☆ ⇒ 出雲名物 割子そば(五重) 1,260円(税込)
※薬味がかなり豊富で、自分好みの味に仕上げることができる。豪華な内容で、目も舌も楽しめる一品となっている。

▼店舗詳細▼

  • おすすめ:冷たいつけそば
  • 個室:無し
  • 貸し切り:不可
  • 営業時間:[月~金]11:30~23:30 [土・日・祝]11:30~22:30
  • 定休日:日曜日
  • 席数:40席
  • たばこ:完全禁煙
  • 駐車場:無し
  • 予約:可
  • TEL:03-3582-2810
  • 住所:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー  1F テラスサイド
  • 予算:夜~¥999 昼~¥1.999
  • 食べログ点数:3.38

▼店舗地図▼

公式サイトはこちら

本場の山形そば|『桃山』

山形そば 六本木 桃山

以前、山形に旅行に行った際に食べたご当地グルメ「山形そば」に病みつきになり、旅行中は一日一度は山形そばを食べる位ハマってしまった。板そばが特徴とされているが、やはり肉そばがとてつもなく美味しかった。一般的な江戸前のそばと違い、お肉がたっぷり入った油がうっすら見えるスープに太目の腰のある麺が非常に美味しく、今までのそばの概念を覆されるものだった。

東京でもあの蕎麦を食べたいと思い、色々と手を尽くして見つけたのが”桃山”である。山形県東根市に本店を構える、THE・本場の山形そばを地元の味と遜色なく提供してくれる。

酒を飲んだりまったりする店舗ではなく、軽くサっとご飯を済ませたい時に食べるお店である。麺類が全品500円という六本木とは思えない価格設定でコスパは最強だ

山形のソウルフード「山形そば」を六本木で食べるならここがオススメだ。


☆おすすめの一品☆ ⇒ 肉そば 500円(税込)
※山形肉そばは冷たいそばと温かいそばがあるが、どちらも違う味わいがあって美味い。好みによるが私は冷たい肉そばを好んで食べる。

▼店舗詳細▼

  • おすすめ:肉そば 500円(税込)
  • 個室:無し
  • 貸し切り:不可
  • 営業時間:[月~金]11:00~17:00(L.O.16:00) 17:30~22:00(L.O.21:00) 祝日のある週の土曜日は営業。11:00~16:30(L.O.16:00)
  • 定休日:土曜日、日曜日、祝日
  • 席数:23席
  • たばこ:完全禁煙
  • 駐車場:有り
  • 予約:不可
  • TEL:03-6441-2910
  • 住所:東京都港区六本木3-16-20
  • 予算:夜¥2,000~¥2,999 昼~¥1.999
  • 食べログ点数:3.28

▼店舗地図▼

公式サイトはこちら

24時間営業カジュアル蕎麦|『真希』


居酒屋風そば屋、いや、そば屋風居酒屋というべきか。カジュアルに気軽にお酒が飲めてお蕎麦もワイワイと楽しめるのがこの”真希”だ。初見だとついうっかり「まき」と読んでしまいそうになるが、本当の読み方は「しんき」である。居酒屋感覚で入ることができ、本格的な蕎麦を食べることができるありそうで無かった形態のお店である。このような形態のお店はもっと増えて良いと思う。またこのお店は24時間営業という眠らない街である六本木に相応しい営業時間となっており、がっつり飲むのも良し、〆の蕎麦だけ食べるのも良しの使い勝手が良いお店でもある。

コスパも良くカジュアルな雰囲気もあり、時間帯によってはかなり年齢層が若くなり、落ち着いて飲めるお店ではないが、気取らずに複数人で酒を飲み、蕎麦を食べるにはうってつけである。

飲んだあとの〆にラーメンは重すぎるという場合に、ここで蕎麦を食べお腹を満たして帰ることが多い。


☆おすすめの一品☆ ⇒ 冷たいつけそば
※正統派なつけダレで食べる冷たいつけそばはつるっとした食感でのどごしが良く飲み後の〆にピッタリの一品だ。

▼店舗詳細▼

  • おすすめ:冷たいつけそば
  • 個室:無し
  • 貸し切り:不可
  • 営業時間:24時間営業 [ランチ]11:30~17:00 [ディナー]17:00~翌6:00
  • 定休日:年中無休
  • 席数:48席
  • たばこ:全席喫煙可能
  • 駐車場:無し
  • 予約:不可
  • TEL:03-3470-0280
  • 住所:東京都港区六本木4-9-9 2F
  • 予算:夜¥2,000~¥2,999 昼~¥999
  • 食べログ点数:3.03

▼店舗地図▼

公式サイトはこちら

粋な大人の和み空間|『欅くろさわ』

六本木 そば 欅くろさわ

六本木駅から六本木ヒルズ方面へ、櫻田神社の手前に厳かな雰囲気で”欅くろさわ”の店舗がある。年季の入った看板の下の味のある暖簾をくぐると、和の上質なテイストの空間が広がる。まさに粋な大人が通う風格のあるお蕎麦屋さんだ。

蕎麦粉はその日に出す分だけ自家製粉するので、鮮度ある香り高い風味があり、食通も唸らせる絶品中の絶品の蕎麦だ

また蕎麦以外のメニューも旬の素材をひと手間もふた手間もかけてあり、持ち味を活かした味わいとなっている。特に煮魚系が大変美味しい。地酒の日本酒も豊富に揃っているために、つまみにお酒にと、あれもこれもと選ぶのが楽しい。

揚げたての天ぷらは、油をこまめに変えているのであろう、雑味がなく素材の味がしっかりしていて、サクサク食べることができる。

六本木で蕎麦を語るのであれば、このお店は外せないであろう。


☆おすすめの一品☆ ⇒ カレイの煮つけ
※煮汁まで飲めそうなくらい上品な味付けである。カレイだけではなく煮魚なら何でも美味しい。その時の旬のものを頼むのがベストだろう。店員さんに聞けば丁寧に教えてくれる。

▼店舗詳細▼

  • おすすめ:カレイの煮つけ
  • 個室:有り(2人可、4人可、6人可、8人可、10~20人可)全個室7部屋
  • 貸し切り:可
  • 営業時間:[月-土]11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:00)
  • 定休日:日曜日
  • 席数:56席(カウンター10席・テーブル46席)
  • たばこ:分煙 ※ランチ営業時は完全禁煙
  • 駐車場:無し
  • 予約:不可
  • TEL:03-5775-9638
  • 住所:東京都港区西麻布3-2-15 藤田萬年堂ビル 1F
  • 予算:夜¥6,000~¥7,999 昼¥1,000~¥1,999
  • 食べログ点数:3.58

▼店舗地図▼

公式サイトはこちら

まとめ

日本の伝統的な蕎麦料理も食文化の多様性と共に様々な進化を遂げている。今回は六本木界隈で様々な角度からの「そば屋」を紹介してきたが、いかがだったであろうか。

一口に「そば屋」といっても様々な業態のお蕎麦屋さんが無数に存在する。その時、その場のTPOのニーズに合わせて使い分けて大人のグルメの楽しみ方ではなかろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*