六本木の鮨(寿司)超人気3店舗を徹底比較!本当に行くべきなのはココだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
六本木 鮨 比較 アイキャッチ画像

寿司の激戦区である六本木。
最高レベルの寿司店がひしめき合う東京都内において、六本木の水準はまさにトップレベルと言えるだろう。

今回は、そんな素晴らしいお寿司屋さんばかりが集う六本木の中でも「超人気店」とされているお店、

江戸前鮓 すし通
鮓 村瀬
四 -yon

以上の3店舗を徹底比較!
価格や外観・内観、お店の雰囲気などなど…いくつもの写真を交えてご紹介させて頂こうと思う。
是非お店選びの参考にしてみてほしい!

六本木『江戸前鮓 すし通』『鮓 村瀬』『四 -yon-』を徹底比較!

まずは3つの店舗の基本情報から見て行こう!

水琴窟響く大人の空間『江戸前鮓 すし通』

六本木駅からは徒歩8分。
駅からは近いが初めて訪れる際には看板を見落としてしまわないように注意が必要だ。

  • TEL:03-3404-2622
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区西麻布3-1-15 RFビルB1F
  • アクセス:六本木駅1c出口より徒歩8分
    大江戸線六本木駅からは、徒歩20分
  • 営業時間:[平日、土曜日]

    11:30~13:30

    1部18:00~20:00
    2部20:30~22:30
    [水曜日は昼営業なし]
    ランチ営業
  • 定休日:日曜日、祝日
  • 予算:夜¥20,000~¥29,999、昼¥5,000~¥5,999
  • 席数:26席
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:有(店先および近隣にコインパーキングあり)

 

食べログはこちら

至高のサービスと洗練された寿司『鮓 村瀬』

駅から徒歩5分。
シンプルだが気品を感じる店構え。夜は店名や灯籠が光っているのでそれを目印にしよう。

  • TEL:03-3479-5240
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区西麻布1-2-3 アクティブ六本木 1F
  • アクセス:メトロ六本木駅2番出口から徒歩5分
    六本木駅から345m
  • 営業時間:11:30~13:30(木・日はランチ休業)
    18:00~23:00
    ランチ営業、日曜営業
  • 定休日:月曜日
  • 予算:夜20,000円~29,999円 、昼3,000円~3,999円
  • 席数:20席(内カウンター13席)
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:無

 

食べログはこちら

死ぬまでに訪れるべき極上の寿司店『四 -yon-』

六本木駅から徒歩2分という近さでアクセスもばっちり。
洗練された高級感でザ・六本木という雰囲気。

  • TEL:03-6447-0427
  • 予約:可(受付時間 15:30〜28:00(AM4:00))
  • クレジットカード:可
  • 住所:東京都港区六本木3-13-14 ゴトウビルディング3rd 3階
  • アクセス:東京メトロ日比谷線/都営大江戸線 六本木駅
    [5番]出口より徒歩2分
  • 営業時間:18:00~翌04:00
  • 定休日:日曜日
  • 予算:20,000円~30,000円
  • 席数:カウンター11席 テーブル4席 個室1室
  • 禁煙・喫煙:個室のみ喫煙可(喫煙ルームもあり)
  • 駐車場:近隣にコインパーキングあり

 

公式サイトはこちら

「価格」「雰囲気」「おすすめシチュエーション」etc…お店選びもばっちり♪

価格・予算

まずが気になる価格・予算だがこちらはほとんど同じと言ってもいいだろう。
四 -yon-はランチタイムの営業はしていないので、5、6000円程度で手軽にお寿司を食べたい時には「鮓 村瀬」または「江戸前鮓 すし通」がオススメ。

しかし、夜となればムーディーな「四 -yon-」に軍配が上がるかもしれない。
カクテルの豊富さ、ムードの良さ、そしてのんびりくつろぐことの出来る個室がある「四 -yon-」はまさに大人の秘密基地。デートや接待には持って来いのお店と言えるだろう。

【江戸前鮓 すし通】夜20,000円~29,999円、昼5,000円~5,999円

【鮓 村瀬】夜20,000円~29,999円 、昼3,000円~3,999円

【四 -yon-】20,000円~30,000円

外観・内観・お店の雰囲気

外観・内観はどのお店も素晴らしいが、雰囲気はかなり異なっている。
その日の気分や誰とお店に行くかなどで選んで、もっとも考えと合いそうなお店を選んでみるのがいいかもしれない。

【江戸前鮓 すし通】


和風な店構えで外国人観光客にも人気のお店。
「和」の雰囲気の中でのんびりとお寿司が食べられる。店内には水琴窟があり「ピチャン…ポチャン…」と心地のいい水音が心を癒やしてくれる。

暖色の照明で程良く明るい店内は握りや料理がキラキラと輝くのが良くわかる。
のんびりおしゃべりを楽しみたい時より、本気の江戸前寿司を楽しみたい時にオススメなお店である。

【鮓 村瀬】


落ち着いた雰囲気で、コの字型のカウンター。
職人さんの手さばきをばっちりたのしむことが出来るのが嬉しい。こちらもいかにもお寿司屋さんと行った雰囲気のお店で、シンプルで飾り気がないがそこが逆に歴史と技を感じさせる。

綺麗に磨かれたガラスの向こう側には中庭のような空間があり、季節を楽しみながら食事をすることが出来る。まるでのんびりと時間が流れるかのようで、リラックスして時間を過ごせるはずだ。

【四 -yon-】



今、六本木で一番オシャレなお寿司屋さんこそ、この四 -yon-ではないだろうか。
ムーディーな雰囲気は前の2つのお店とは全く違った雰囲気で、和のテイストの中にモダンさがあり、まさに六本木の高級寿司と言った風情だ。

個室もあり、高級寿司店では緊張してしまうという人や、デートや同伴・アフターなどにもオススメ。なんだかとってもお酒が進んでしまう雰囲気なので、お寿司だけじゃなく、お酒もしっかり楽しみたいという人にはばっちり。

味については正直、ここまでの高いレベルに来るともはや比べることは不可能に近い。
どの店もそれぞれ高いクオリティを追求しており、お店によって個性がある。

ようはどのお店の「個性がもっとも自分に合うか」ということなので、味については是非あなた自身で足を運び、確かめてみてほしい。
次で写真をお店ごとにいくつかご紹介しておくので、是非お店選びの参考にしてみてほしい。

料理・お酒

気になる握り・料理・お酒だがどちらのお店も本当にクオリティが高い。どのネタも美しく、お酒も美味しいので、いくつかの写真とオススメの握りのネタをご紹介させて頂こう。

【江戸前鮓 すし通】

むっちりとした「ボタン海老」は弾力のある歯ごたえも最高。口の中に広がっていくボタン海老本来の風味と濃厚な旨味をしっかり感じられる逸品だ。






【鮓 村瀬】

寝かされて熟成された、旨味の濃い「マグロ」がオススメ。ねっとりした食感で、マグロ好きなら今までに味わった事のない感動に度肝を抜かれてしまうはずだ。






【四 -yon-】

新鮮で、一切臭みのない「鹿児島県出水の黄金アジ」には感動だ。プリプリとした歯ごたえがあり、噛めば噛むほど旨味が口の中に広がって行く。青魚が苦手だという人も「おいしい!」と唸る美味しさ。
こちらの四 -yon-はカクテルの種類がかなり豊富。





訪れたいシチュエーション

おすすめのシチュエーションだが、あくまで筆者個人が感じたことなので、決して「お店の雰囲気や使い方を決めつけるものではない」ということは念頭に置いておいてほしい。

人によって性格や趣味嗜好はそれぞれなので、写真から雰囲気を感じ取って「このお店、良さそうだな」と思ったらまずはお店に行ってみるなり、掘り下げてリサーチしてもらえたらと思う。
興味を持ってもらう「きっかけ」程度になれれば幸いだ。

【江戸前鮓 すし通】

和風な雰囲気が素晴らしい「江戸前鮓 すし通」は是非美味しいお寿司を食べたい時に。
接待は勿論、家族を連れてきたり、親孝行や祖父母に普段の感謝を伝えたい時にもいいだろう。
純和風な雰囲気が漂っているので、外国人の友達を連れてきても喜んでもらえそうだ。

また、水琴窟があるお店というのもなかなか珍しいので、珍しい物好きな人や、新しい体験をしてみたいという人にもオススメ。

【鮓 村瀬】

落ち着いた歴史を感じさせるお店で、のんびりと過ごしたい時に。コの字型のカウンターからは職人さんの手さばきをしっかりと楽しむ事が出来るので、食べるのが好きな人にもオススメだ。
行き届いたサービスにも定評がある「鮓 村瀬」は接待で利用しても気持ちよく時間が過ごせることと思う。

冒険はせず、落ち着いてお寿司を楽しみたい時に。

【四 -yon-】

モダンでオシャレ、雰囲気がばっちりの「四 -yon-」は是非デートや同伴、アフターにオススメしたい。
モヒート、ギムレット、青い珊瑚礁、セックス・オン・ザ・ビーチ、カミカゼ…などと言ったオシャレで美しいカクテルは評判だ。

遊び心がありながらも、料理や握りへのこだわりを忘れておらず、過剰過ぎない気配りがとても過ごしやすい。デートのみならず、仲の良い仕事仲間や男友達に「大人の秘密基地」として紹介したくなるお店である。

まとめ

今回は六本木で大人気のお寿司屋さん「江戸前鮓 すし通」「鮓 村瀬」「四 -yon-」の3店舗を比較してみたが如何だっただろうか?
どのお店もお店なりの個性がしっかりとあり、数ある六本木の寿司店の中でも最高水準のお店で、「比較」とは言ったものの正直比べるのはかなり難しかった(笑)

しかし、その中でももしどこか1店舗だけを選ぶとすれば、それは「四 -yon-」である。
何故かと言うと、「四 -yon-」はまだ比較的新しいお店なので、変化が楽しめること。常連になれば顔を覚えてもらいやすく、より深く寿司を楽しむ事が出来ること。
そして「鮨&Bar」という新しいコンセプトのお店だということ。
古き良きスタイルのお寿司屋さんもいいが、今はこの「新しい鮨」に期待したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*