六本木で最高の和食を個室で楽しもう!忘れられない3店舗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
六本木 和食 個室アイキャッチ

人が和食を食べたい…そう思う時はどんな時だろうか?
日本人ならば慣れ親しんだ味を楽しみたい。外国人観光客なら、旅行にやってきた日本に伝わる伝統料理を一度味わってみたい。いろいろな瞬間があることだろう。
今回は本当に美味しい和食を味わいたい…そんな時にこそぜひともオススメしたい、とっておきのお店を3店舗厳選してご紹介していただきたいと思う。
筆者は数年に渡り六本木のお店はほぼ全てと言っても過言ではないほど食べ歩いてきたが、その中でも間違い無く最上級。人生史上「最高」の和食が食べられるお店だと胸を張ってご紹介させていただきたい。
出来れば特別な日に特別な人と訪れてほしい、そんな人生に残る素晴らしい和食のお店3店舗がこちらである。

一生の思い出に残る六本木の和食3店舗

死ぬまでに食べるべき寿司『四 -yon-』

とにかく筆者が全身全霊を持ってオススメしたいお店が四 -yon-である。
六本木で和食が食べたい…和食と言えば寿司!こちらの四 -yon-こそ、六本木で最高の寿司を食べるに相応しい場所だろう。六本木に寿司店は星の数ほど存在しているが、その中でもまさに「死ぬまでに食べるべき寿司」と言えるのはこちらのお店以外ないだろう。
もちろん、こちらのお店は比較的新しいお店となっており、六本木には他にも数多くの老舗江戸前寿司店が存在している。
しかし、何より大事なのは長さより深さなのだ。

四 -yon-

こちらの寿司のこだわり、愛情、お客さんへ対する真摯さ、気遣い…何から何まで、こちらの四 -yon-には感動させられっぱなしだった。お店の雰囲気も六本木らしい高級感溢れるテイストで、シックな黒が美しい。そう思えば個室は今どきっぽい和風モダンを感じさせる内装となっており、遊び心も申し分ない。
せっかく六本木に来たからにはやはりどこかに遊び心が欲しいもの。そんなお客さんのわがままな願いまで叶えようと努力してくれているのが伝わってきて、本当に素晴らしいとしか言いようがない。
また、こちらのお店は寿司だけじゃない。寿司&Barとしたこちらの四 -yon-では、バー顔負けの豊富過ぎる種類のカクテルやお酒を楽しむこともできるのである。
大切な人と特別な日に個室で和食を楽しむもよし、気合を入れた接待のお店選びにも申し分ない。気になる子やキャバ嬢が入ればこちらのお店で同伴やアフターもいいだろう。
これだけ素晴らしいお店だというのに、驚異の使い勝手の良さがこちらの四 -yon-の強みでもあると思う。素晴らしいお店というのは、どんなシチュエーションだとしても最高にお客さんを楽しませてくれるものなのだ。こちらのお店に来て筆者は、高級飲食店の新しい可能性を感じた。皆さんもぜひ、人生観を変えてしまうような体験をこちらのお店でしてみてほしい。

  • TEL:03-6447-0427
  • 予約:可(受付時間 15:30~28:00(AM4:00))
  • クレジットカード:可
  • 住所:東京都港区六本木3-13-14 ゴトウビルディング3rd 3階
  • アクセス:東京メトロ日比谷線/都営大江戸線 六本木駅
    [5番]出口より徒歩2分
  • 営業時間:18:00~翌04:00
  • 定休日:日曜日
  • 予算:20,000円~30,000円
  • 席数:カウンター11席 テーブル4席 個室1室
  • 禁煙・喫煙:個室のみ喫煙可(喫煙ルームもあり)
  • 駐車場:近隣にコインパーキングあり

 

公式サイトはこちら

至高のふぐ料理『味満ん』

味満ん

高級食材でおなじみの「ふぐ」。とはいえ、きっと世の中にはそんな「ふぐ」の本当の美味しさをまだ知らない、まだ気付いていない…そんな人の方が多いのではないか?なんて、筆者はそう感じるのである。
なぜなら、過去の筆者がそんな人間の一人だったからだ。今でこそグルメ通を気取ってこんなことを書いているが、昔の筆者は本当に浅かった。何から何まで浅かったのだ。ありきたりな高級食材を食べて食べて食べまくってはいたが、ろくに味わってもいなかったような気がする。
そんな時に出会ったのがこちらの味満ん。味満んは筆者に大切な事を気づかせてくれたお店でもあるのだ。

味満ん

味満ん

味満ん

味満ん

味満ん

味満ん

その時の筆者は正直「ふぐなんてタンパクで味がない魚だ」と完全に高をくくっていた。そんなもの、いつどこで食べても一緒だと愚かにもそんなことを言っていたのである。しかし、一切の期待をしないまま先輩にこちらの味満んに引っ張って行かれ、てっちりを食べた度肝を抜かれた。
ふぐとはこんなに美味いものだったのか?」と。
自分は今までとんでもない間違いをしてきたということに気付いたのだ。味満んのふぐは、他のお店のふぐとは違う。(実際、味気ないふぐ料理を出すお店もあるため、ふぐ料理のお店選びにはある程度慎重さが必要なのかもしれない)
まだふぐの本当の美味しさを知らない…そんな人にこそこちらのふぐ料理一度、フルコースで堪能してみてほしい。きっと、新しい扉が開けるはずだ。中でも食べてほしいのはてっちり。そして最後のふぐの出汁をしっかりと吸った〆の出汁雑炊は何としてでも食べていただきたい。

  • TEL:03-3408-2910
  • 予約:完全予約制
  • 住所:東京都港区六本木3-8-8 WOOビル 1F
  • アクセス:六本木駅から10分
  • 営業時間:[平日] 18:00 ~ 24:00
    [土曜日] 18:00 ~ 24:00
    [日曜・祝日] 18:00 ~ 24:00
  • 定休日:7.8月休業 9~3月無休 4~6月日曜休
  • 予算:¥30,000~
  • 席数:12席
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:無

 

食べログはこちら

最高の和食『松川』

松川

和食は美しい。そう、改めて筆者に気づかせてくれたお店が松川である。こちらの松川は『日本料理の美術館』とも言われるほどで、とにかく出される料理のひとつひとつが美しい。見とれてしまうような芸術性…そして食材への愛情、こだわり、熱意。こちらの和食からはそんな情熱が伝わってくるのである。
お店に訪れるとまず、その佇まいから感じる風格を感じ取れるはずだ。やはり、本当に素晴らしいお店というのは雰囲気がある。なんだか背筋が伸びる思いでお店に入り、個室に通されるとほっと一息。最高の和食を味わうに相応しい、程よい緊張感である。
カウンターでは緊張してしまってちゃんと料理を味わえないという人も、個室でならリラックスして最高の和食を心ゆくまで楽しめるという訳だ。

松川

松川

松川

松川

松川

松川

松川

こちらの松川の素晴らしさはきっと写真からも十分に伝わっているのではないだろうか?どの料理も完成度が高く、とにかく素晴らしい。しかし、一切余計なことはしていない。極上の素材を丁寧に丁寧に、とにかく手間暇をかけ美味しく仕上げているというのが伝わってくる。
日本には様々な料理が存在している。日本の国民食とも言われるラーメン、中華、ハンバーガー、洋食、インド料理、フレンチ、イタリアン、メキシカン…挙げればきりがない。
しかし、そんな食にたくさんの選択肢がある日本で、日本人が忘れてしまっているのが「和食」でもあると思うのだ。説教臭くなるのはいやなのでこれだけにしておくが、「美味しい和食が食べたい」そう思ったらぜひこちらのお店に足を運んでみてほしい。料理の味だけでなく、見た目のからも「日本本来の美しさ・素晴らしさ」を感じ取っていただけるはずだ。

  • TEL:03-6277-7371
  • 予約:完全予約制
  • 住所:東京都港区赤坂1-11-6 赤坂テラスハウス 1階
  • アクセス:東京メトロ 銀座線・南北線「溜池山王駅」13出口より、徒歩2分
    東京メトロ 丸の内線・千代田線「国会議事堂前駅」13出口より、徒歩2分
    東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」3出口より、徒歩3分
    東京メトロ 日比谷線「神谷町駅」4b出口より、徒歩5分
  • 営業時間:12:00~15:00(L.O.13:30)(木・金・土のみ営業)
    18:00~22:00(L.O.20:00)
    ランチ営業
  • 定休日:日祭日(詳細は公式HPのカレンダーに記載)
  • 予算:夜¥30,000~、昼¥30,000~
  • 席数:23席(カウンター×6席、座敷×4席、個室×9席)
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:無(「ホテルオークラ」の駐車場利用を推奨)

 

公式サイトはこちら

まとめ

極上の和食を食べたい。そんな時はまず六本木に来て、今回ご紹介させていただいた3店舗に足を運んでいただければ間違いない!これは六本木の数多くのお店を食べ歩いてきた筆者だが、その中でも特にとっておきのお店なのである。
本当なら誰にも紹介したくない(なぜならお店がこれ以上混んでしまって予約が出来なくなってしまうと困るから)という思いもあるが、でもこんなに素晴らしいお店なのだからぜひ他の人にも知ってほしい。
そんな寛大な気持ちすら抱かせてしまう素晴らしいお店たちなのだ。
こんな素晴らしいお店で接待をすれば成功すること間違いなし!普段はカジュアルなデートでも、特別な日には素晴らしい和食を食べられるお店を予約して、特別な日を演出するのもいいだろう。
あとはもちろん、親孝行でもいい。こんなに素晴らしいお店に連れてきてもらえたら親御さんはさぞ喜ぶのではないかと思う。家族水入らず、個室でのんびりゆっくりと最高のひとときを過ごしてみては如何だろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*