日本最高峰グルメタウンropponngiで美味いものを食い尽くせ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
四 六本木外観

今までこのサイト、メシコムでは筆者が様々なグルメをご紹介させてきてもらったが、今回ご紹介するのはまさにその集大成とも言える究極のお店3店舗である。
今日は2018年12月31日。今年最後の日ということもあって、1年を締めくくるにふさわしい最高のお店だけを厳選してご紹介させていただきたいという訳だ。六本木に足繁く通っている筆者は六本木のお店ならば知らないお店はないというほどに本当に沢山のお店に足を運んできた。
それもすべて、この3店舗にめぐり合うためだったのではないか…
大袈裟に聞こえてしまうかもしれないが、本当にそう感じてしまうくらい素晴らしいお店なのだ。という訳で早速だがご紹介させていただこう。

行かずに死ねるか!超究極のグルメ3選

最高のモダンフレンチ『エクアトゥール』

エクアトゥール

きっとこの記事を読んでくださっているあなたは言葉の通り「最高峰のお店」を探しているに違いない。そう思ってまずはこのモダンフレンチの銘店、エクアトゥールをご紹介させていただきたいと思う。
六本木や東京だけにとどまらず、今や「日本一のモダンフレンチ」との呼び声も高いエクアトゥール。食べログの評価が気になるという人のために先に食べログでの評価点数をご紹介しておくと、なんと驚異の4.75。話題のお店ともなればその分評価件数も増えるが、それでいてこの点数を保ち続けているのは素直にすごいとしか言いようがない。
つまり、こちらのお店に足を運んだお客さんの数だけ感動を生み出しているということなのである。言葉にするのは簡単だが、料理で人をそこまで感動させるということは本当に難しいものだ。
ただただ技術だけでは人をそこまで感動させることはできないし、気持ちだけでもそう上手くはいかないだろう。料理と真剣に向き合い、情熱を注ぎ続け、やっと生まれた結晶のようなものなのだ。

エクアトゥール

エクアトゥール

エクアトゥール

エクアトゥール

エクアトゥール

フランス料理好きならば知らない人はいないと言われるこのエクアトゥール。どこか和風なテイストも感じる料理もあり、見た目にもとても美しいのが特徴。一皿一皿がまるで宝石のように美しく、見ているだけでもうっとりしてしまうほどだ。素材の味を存分にいかした料理は繊細でありながらもしっかりと食材そのものの美味しさを堪能することが出来る。
素材の味を殺してしまうことなく、むしろ引き出すかのように絶妙な加減でハーモニーを生み出すソース使いも見事。そしてデザートは食べてしまうのももったいないような可愛らしい盛り付けがされている。常連さんもかなり多く、予約困難なお店だが予約して数ヶ月待ったとしても行く価値のある銘店。エクアトゥールのフレンチを食べたらもう他のフレンチは考えられない…そんなファンを生み出してしまうほどの罪なお店でもある。
人をそこまで感動させてしまう味と言われるとやはり気になってしまうのではないだろうか?その素晴らしさはぜひ一度ご自身で足を運んでみて体感してみてほしい。食べログでは予約不可となっているが、詳しくはエクアトゥールのお店のホームページでチェックしてみてほしい。最新の空席情報なども掲載されているので予約の際にはここを参考にするのがいいだろう。

  • TEL:非公開
  • 予約:現在ご予約受付は一時休止中、詳しくはホームページで
  • 住所:東京都港区元麻布3-6-34 カーム元麻布 2F
  • アクセス:都営地下鉄・東京メトロ日比谷線「六本木駅」1B出口より徒歩12分
    都営地下鉄「麻布十番駅」より徒歩13分
    東京メトロ日比谷線「広尾駅」より徒歩13分
  • 営業時間:ディナー
    平日18:00~23:00(最終入店.20:00)
    日曜、祝日17:30~22:00(最終入店19:00)
    ランチ(日曜・祝日のみ)12:00~15:00   (最終入店.13:00)
    ランチ営業、日曜営業
  • 定休日:不定休(日曜日、祝日ランチ営業あり)、夏季休暇7~9月
  • 予算:夜¥20,000~¥29,999、昼¥10,000~¥14,999
  • 席数:12席(カウンター6席、個室6席)
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)

 

公式サイトはこちら

極上の中華フルコース『虎峰』

虎峰 (コホウ)

中華と言えば大皿に沢山盛られた料理を回るテーブルで…というイメージだったり、はたまた町中華でがっつり系というイメージを持っている人も少なくないのではないだろうか。虎峰 (コホウ)はそんな中華の今までのイメージを一瞬でぶち壊してしまうようなお店だ。和風や洋風なテイストも取り入れており、形やきまりごとにとらわれない自由な中華は我々の目も心も一瞬で奪ってしまう。
大皿とは正反対で、少量を小さな小皿でいくつも楽しくことが出来るというのも中華では斬新なスタイルといえるだろう。品数はかなり多く、一皿一皿の量は少なくても、いつの間にかお腹がいっぱいになってきてしまうという人も多いようだ。大食い自慢の人は別だが、余裕を持ってすべての料理を味わうためにも、お酒のペース配分など、予め気をつけておいた方がいいかもしれない。

虎峰 (コホウ)

虎峰 (コホウ)

虎峰 (コホウ)

虎峰 (コホウ)

虎峰 (コホウ)

ちなみにこちらはおまかせコース13000円のみという超シンプルなメニュー。たった一つのコースに集中するからこそ、持てる力をすべて注ぎ込んだ究極の逸品が完成するという訳なのだ。コースでは沢山のお皿が出てくるが、それはいわば「点」ではなく「線」でつながっていると言える。
コースの流れにも理由があり、その料理や食材、そしてコース全体のバランスを考えに考えて練られたものなのである。だからこそ、こちらの虎峰のコースは満足感が桁違いなのだ。
料理の雰囲気は写真を見てもらうのが一番わかりやすいと思うが、この通りどの一皿も美しい。そしてその見た目を裏切らない、時にはそれ以上の驚きを与えてくれる程、最高に美味しい。高級中華もあれば、チェーン店などで気軽に食べることも出来る中華は好きな人もきっと多いことだろう。そんな中華好きの方にこと、こちらの虎峰 (コホウ)の中華フルコースを是非一度味わってみてほしい。記念日など特別な日に訪れたい、思い出に残る素敵なお店である。

  • TEL:03-3478-7441
  • 予約:完全予約制
  • 住所:東京都港区六本木3-8-7 PALビル 1F
  • アクセス:都営大江戸線「六本木駅」5番出口から徒歩3分
    東京メトロ日比谷線「六本木駅」3番出口から徒歩4分
  • 営業時間:17:00~22:00(L.O)
    (完全予約制)
  • 定休日:日曜日 ※2017年5月22日(月)、23日(火)はお休み
  • 予算:夜¥20,000~¥29,999、昼¥15,000~¥19,999
  • 席数:15席(カウンター席のみ)
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙

 

公式サイトはこちら

日本の寿司を極める『四 -yon-』

四 六本木寿司

六本木で最高の寿司を食べたい…そう思っている人は四 -yon-に行くべきだろう。六本木に昔からあるお店でテレビや雑誌などで取り上げられ有名になったお寿司屋さんはいくつも存在しているが、グルメ業界は絶え間なく活発に動き、変化しているのである。
六本木では毎日のように新しいお店が開店し、そして閉店している。グルメ激戦区と呼ばれるのにはこんな理由があるのだ。
そして、そんなグルメ激戦区六本木の闘いに生き残った数少ないお店の一つがこの四 -yon-なのである。
しかも驚くべきは競争率の高い寿司というジャンルだということだろう。少しでもグルメに興味がある人ならご存知かもしれないが、六本木には数多くの老舗・銘店寿司店が数多く存在しているのだ。
すでに開拓されてしまった土地でやっていくのは我々素人が想像できないほどに難しい。ただ新しい事をやればいいというものではないし、だからと言って伝統にばかりこだわっていてはただの真似事になってしまいかねない。
創意工夫を凝らし、情熱を注ぎ込み、技を磨き…新店がやっていくには本当に大変な土地なのだ。

四 六本木 四 六本木内観 四 六本木内観個室

前置きが長くなってしまったが許してほしい。正直これでもまだ四 -yon-の素晴らしさを語り尽くすには足りないくらいなのだ。
とは言え筆者の文章力では四 -yon-の本当の素晴らしさを表現するのは到底難しい。そこはぜひ、あなた自身でお店に足を運び、その目で、舌で、全身で素晴らしさを体感してみてほしい。

寿司&Barという斬新で遊び心いっぱいの四 -yon-はカクテルメニューが豊富。和風テイストで高級感漂う店内はモダンな雰囲気がとってもおしゃれだ。カウンターの他、居心地もばっちりな個室も完備。デートや接待はもちろん、同伴やアフターではリピート率もかなり高いとオトナの遊びを知っている人からも大評判だ。
そんな今どきの都会的なお店でありながら気持ちのいいサービスは人間味に溢れ、ずっと居座りたくなってしまうほど。個室も居心地がいいが、筆者は板前さんやバーテンダーがカクテルを作っているところを見ることが出来るカウンターがお気に入り。

素材一つ一つにこだわった料理・寿司はどの一皿にも丁寧に丁寧に仕事が施されており、その細やかさにはいつも感動してしまう。
きっと、どこか一つでも手を抜いてしまったらこの究極の美味しさにはならないのだろう。そんな板前さんのこだわりと熱意を感じることが出来るのもこのお店ならでは。行かずには死ねない…そんな事を言い出す人がいるのも納得してしまうほどの銘店だ。後悔する前に早めに予約することをおすすめしたい。

  • TEL:03-6447-0427
  • 予約:可(受付時間 15:30~28:00(AM4:00))
  • クレジットカード:可
  • 住所:東京都港区六本木3-13-14 ゴトウビルディング3rd 3階
  • アクセス:東京メトロ日比谷線/都営大江戸線 六本木駅
    [5番]出口より徒歩2分
  • 営業時間:18:00~翌04:00
  • 定休日:日曜日、月曜祝日、お盆、年末年始
  • 予算:20,000円~30,000円
  • 席数:カウンター11席 テーブル4席 個室1室
  • 禁煙・喫煙:個室のみ喫煙可(喫煙ルームもあり)
  • 駐車場:近隣にコインパーキングあり

 

公式サイトはこちら

まとめ

今年ももう最後。
という訳で今回は絶対に行ってほしいお店だけを厳選させていただいたが、その素晴らしさは伝わっただろうか?
言葉にしてしまうと伝わらない部分もあるだろうし、どこかうさん臭く感じられてしまう箇所もあったかもしれない。しかしそのようなことは往々にしてよくあるものなのだ。言葉は難しい。
大切なのは直感で気になったところがあれば、そこを突き詰めるということ。つまり実際にお店に行ってみる、ということだ。とにかくそれに尽きる。
行動力が自分を美味しいものへと導いてくれる。来年は今年よりももっとグルメ多き1年になりますよう。
よいお年を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*