家で美味しく!自分で作る寿司の上手な作り方を3つ紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
寿司 作り方アイキャッチ

寿司が好きなだけでなく料理も好きだという人は思い切って自分で寿司を作ってみるのはどうだろうか?寿司というとお店で食べたり、出来合いのものを買って食べるというのが定番になっているが、実は自宅で美味しく作るための作り方も存在している。
もちろん、寿司の握り方やシャリの硬さなどは熟練の寿司職人の為せるワザなので、ほろっとちょうどいい具合に口の中でほどけるという風にはいかないかもしれないが、それでもかなり美味しく出来るはずだ。ちょっと良い酢や寿司ネタを使うこと、作る時に一工夫することでより美味しい寿司を手作りすることが出来ることだろう。

自宅で美味しい寿司を!作り方3つ紹介

家で美味しく好きなだけ『握り寿司』

まずは基本の握り寿司から!寿司の握り方だけでなく酢飯の作り方や寿司ネタの切り方など、始めて寿司を作るという人が知りたい情報が詰まったレシピがこちらである。このレシピでは寿司ネタはサーモン、アジ、カンパチを使っているが、特別好きな寿司ネタがあるという人はそれを使うといいだろう。寿司屋ではいくつも同じネタを頼むのを躊躇ってしまうという人も自宅で作るので安心。好きなだけ自分の好きな寿司ネタを食べよう!

 

◆材料
サーモン、カンパチ、アジの刺身用ブロック(サク)…合計で900g程度
米…3合
寿司酢…90ml
わさび、おろし生姜、刻みねぎ、しょう油…適宜
甘酢生姜…適宜

◆作り方
1、米3合は研いで炊飯器に入れ、寿司飯の水加減にして炊きます。炊きあがったら、寿司酢(市販のが便利なので、おすすめです)を回しかけ、しゃもじを横にして切るように混ぜます。切るようにして混ぜて、ある程度混ざったら天地をかえし、ご飯のダマをシャモジでほぐします。ざっと混ざったら、ラップを巻いた大皿に移し、しゃもじでダマを切りながら広げます。うちわで仰いで軽く水分を飛ばし、湿らせたペーパータオルを被せ、30分から1時間馴染ませます。

2、刺身用ブロックを寿司ネタに切ります。寿司ネタなので寿司の大きさに切るのが基本になります。丸めた酢飯、15~18gを包んで長方形になる大きさです。幅3cm弱、長さ6~7cmに切るといいですが、刺身用ブロックは都合よくそんな形をしていないので、何とか酢飯を包めそうな位の広さに切るといいです。厚みは3~4ミリ、ネタの重さは12~15g位です。節の背の高い方を向こう、皮がついていた方を上にしてまな板に置き、節の左の方から削ぎ切りにします。包丁の刃元から刃先まで長く使って切ります。
ネタを切ったら金属製のバットにのせておきます。ここで、鮮度落ちを防ぐ工夫をします。バットの下に冷媒を敷き、上にバットを載せます。こうすることでバットを冷やし、バットにのった寿司ネタを冷やします。※我々、素人は慣れてないので、作るのに時間がかかります。その間の鮮度落ちを防ぐ為にこうします。

3、寿司をにぎる作業の準備をします。わさびを小皿に多めに出し、水少しをかけて伸ばします。こうすることで寿司ネタに塗りやすくなり、そのまま使うより香りが立ちます。
酢水を用意します。酢を水で10倍程度に薄め、手に塗って酢飯がくっつくのを防ぎ、酢の静菌効果で食中毒のリスクを少なくします。手に酢水をしっかり馴染ませてから握るのですが、酢水をベチャベチャに手に塗るのは逆効果で、垂れない程度に馴染ませてから握りましょう。

4、寿司に握ります。酢水を手につけ、左手に寿司ネタ、右手に酢飯15~18gを取ります。右手の中指でワサビを取り、ネタにつけたら上に酢飯をのせ、左手の親指で酢飯に穴を開け(空気を入れるため)、両手でふわっと包むように優しく握ります。左手をコの型にし、上から左手の指で抑えて形を整え、最後に右手の中指と親指でコの字を作って形を整えます。この辺は上の動画をご覧ください。
握った寿司を皿に盛り付け、甘酢生姜を添えてできあがりです。上の材料で65貫ほどできました。1貫当たりの酢飯の重量が16gくらいです。ネタの方は12g平均位だったので、1貫28gの握り寿司となりました。10貫食べたら280g、15貫食べたら420gなので、少食の方なら10貫、普通の方でも15貫くらい、いっぱい食べたい方は好きなだけ!って感じになります。

 

引用元:http://dt125kazuo.blog22.fc2.com/blog-entry-4573.html

海外で大人気『カリフォルニアロール』

海外で大人気となっている寿司がカリフォルニアロールである。日本人からすると、これはもはや寿司でもなんでもない…そんな食べ物であるが、でも美味しいんだから仕方がない。日本人の中でもこのカリフォルニアロールがかなり大好きだという人が存在している。寿司を食べたことのない人、寿司が苦手だという人も安心して食べることが出来るのがこのカリフォルニアロールではないだろうか。外で食べようにもカリフォルニアロールがないお店もあり、カリフォルニアロール好きからすれば寂しい限りなのではないだろうか。そこで今回はそんなカリフォルニアロール好きも満足してしまうであろうカリフォルニアロールの作り方をご紹介!

 

◆材料
米2カップ…(1カップ=200cc計量カップ)
水2カップ…(1カップ=200cc計量カップ)
昆布5cm…角1枚
サーモン(刺身用)…100g
アボカド…1個
きゅうり…1本
クリームチーズ…100g
とびこ(しょうゆ漬け)…100g
寿司海苔…2枚

■A
ワインビネガー…80cc
砂糖…40cc
塩…8cc

■B
しょうゆ…大さじ2
みりん…大さじ1
酒…大さじ1

◆作り方
1、米は炊く30分前に洗ってザルにあげておく。
2、ビタクラフトの鍋に米、分量の水、昆布を入れてフタをし、中火にかけて蒸気が上がれば弱火にし、10分加熱して火を止める。
3、混ぜ合わせた■Aを加えてフタの裏側についた水滴を拭いて再びフタをし、約10分蒸らす。
4、サーモン、アボカド、きゅうり、クリームチーズを1cm幅の棒状に切る。
5、サーモンは■Bにしばらく漬け込んだ後、取り出して水分を拭いておく。
6、(2-3)のご飯をボウルに移し、切るように混ぜながら、粗熱を取り、4等分にする。
7、巻きすにラップを敷き、とびこ(しょうゆ漬け)を全体に散らす。
8、手前から2/3に(6)の4等分にしたご飯を敷いてその中央に半分に切った寿司海苔をのせる。
9、その中央に(4-5)のサーモン、アボカド、きゅうり、クリームチーズを並べ、手前から巻き込み、食べやすい大きさに切る。

 

引用元:https://cookpad.com/recipe/4388287

懐かしい味『いなり寿司』

いつ食べても懐かしさを感じてしまうような、そんないなり寿司。奥が深い寿司でもあるが、家で作るいなり寿司にしか出せない美味しさというものもある。また、いなり寿司は甘めや甘さ控えめなど「甘さ」には店によって違いがあるが、自宅で作れば自分好みの甘さに出来るというところも嬉しいポイントの一つではないだろうか。

 

◆材料
油揚げ…6枚
砂糖…大さじ5
醤油…大さじ3
水…300ml

【酢飯】
米…2合
米酢…75ml
塩…4グラム
(砂糖は入れない)

◆作り方
1、米2合を、白く濁らなくなる程度まで洗う。
2、通常の水加減より1割少なめにしてご飯を炊く。炊飯器に寿司飯用の目盛があればそれに合わせます。なければ2mmほど少な目に入れるとちょうどよくなります。お好みで昆布を入れて下さい。
3、油揚げは熱湯の中で2~3分茹でて油抜きをする。浮いてくるのでしゃもじで何回か押す。熱湯をかけ回すだけの油抜きより、茹でた方が油がしっかり抜けて味が染み込みやすくなります。
4、ザルに上げて冷まし、手で絞って油揚げの水気を切る。皮が破れないように優しく、でもしっかり水気を絞る。
5、半分に切る。
6、鍋に、水、砂糖、醤油を入れて煮立たせ、水気を切った油揚げを入れる。
7、落しぶたをして水分がほとんどなくなるまで中強火で煮る。焦げに注意して下さい。煮汁は少し残した方が、ジューシで美味しく仕上がります。
8、米酢と塩をよく混ぜ合わせておく。油揚げが甘いので、すし飯に砂糖は加えません。普通の酢飯にすると味がぼんやりします。
9、ご飯が炊けたらすぐにボウルにご飯を入れて合わせ酢を入れ、しゃもじで切るように混ぜ合わせる。しゃもじを斜めにあてて、ご飯をこねないように気をつけましょう。
10、すし飯を飯台か大皿に広げて、うちわであおいで冷ます。艶が出ます。
11、水にほんの少し酢を入れた酢水(手酢)を手に付けて、すし飯を小さめに握る。
12、握ったすし飯を油揚げに詰める。

 

引用元:https://marron-dietrecipe.com/washoku/washoku_yuzuinarii.html

まずはお店で絶品寿司を味わう『鮨&BAR 四』

作る前にまずは本当に美味しい寿司を食べてからでないと…そう思っている人におすすめしたいのが『鮨&BAR 四』である。六本木で今一番注目されている銘店こそここ、鮨&BAR 四なのだ。多くのグルメ通を唸らせるこちらのお店には芸能人も足繁く通っており、実際に鮨&BAR 四に通ってみれば何人もの芸能人の姿を目にすることになるだろう。

食通の多い芸能人が通うだけあってこちらのお店は寿司のネタのレベルがとにかく高い。そんな上質な食材を最高の技で丁寧に丁寧に仕込むだけあって、その寿司の味わいはまさに至高。バーの顔も持つこちらはカクテルのメニューも豊富、デートや記念日にもぴったりの銘店だ。

  • TEL:03-6447-0427
  • 予約:可(受付時間 15:30〜28:00(AM4:00))
  • クレジットカード:可
  • 住所:東京都港区六本木3-13-14 ゴトウビルディング3rd 3階
  • アクセス:東京メトロ日比谷線/都営大江戸線 六本木駅
    [5番]出口より徒歩2分
  • 営業時間:18:00~翌04:00
  • 定休日:日曜日
  • 予算:20,000円~30,000円
  • 席数:カウンター11席 テーブル4席 個室1室
  • 禁煙・喫煙:個室のみ喫煙可(喫煙ルームもあり)
  • 駐車場:近隣にコインパーキングあり

 

公式サイトはこちら

まとめ

寿司の作り方について、いかがだっただろうか?料理が好きだという人は自宅で寿司を握ってみても面白いのではないだろうか?一見簡単そうに見える寿司を握るという仕事を自分で体験し、そしてそんな寿司を味わってみるといいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*