和食を六本木で食べるならここだ!和の頂を決める5店舗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

和食を六本木で食べる。想像するだけでどんな超高級料理が楽しめるのだろうかとワクワクしてしまうわけではあるが、端的に和食と言っても様々なお店が存在している。その中でナンバーワンを決める…というのは非常に難しいものがあるので、今回は特に六本木駅から距離的に近い位置に的を絞って特におすすめしたいお店を厳選してピックアップしてみた。

とにかく沢山の飲食店がひしめき合うグルメタウン六本木であるが故、フレンチやイタリアンなど後ろ髪を引かれるものも多いが、日本人たるもの、やはり和食にはこだわりを持っておきたい。一見の価値ありではなく、一度は足を運んで欲しいというお店を選んでみたのでじっくりと楽しんで頂ければ幸いである。

六本木駅周辺の厳選和食店舗5選

早速ではあるが六本木にある旨い和食が食べられるお店をおすすめ順に紹介していこう!

  1. 龍吟 (りゅうぎん)
  2. 澤いち
  3. 小田島 (おだじま)
  4. 御曹司 松六家
  5. さんだ

以上の5つの店舗である。いずれも名だたる名店ではあるが、この中でも特に素晴らしいと感じたのは、龍吟 (りゅうぎん)だ!

四季折々の名物料理|龍吟

龍吟外観

和の真髄を極めたと言っても過言ではない、日本の豊かさを皿の上に見事に体現した料理を提供してくれるお店と言えばここ”龍吟 (りゅうぎん)”である。

シェフである山本氏が作り上げる龍吟ワールドはまさに別格。その実力の程は、ミシュランガイド東京2017では三ツ星として掲載されるレベルだ。

龍吟内観

特に料理の出来立てにこだわりがあり、口に運び胃に入るまでのわずか数秒に至るまでを考えられた上で作られる数々の品はまさに極上。カメラでの撮影は可能ではあるが、その瞬間にもおいしさが失われていくと豪語するほどだぞ。

山本シェフの創作性溢れる和食の数々は未だかつて見たことも食べたことも無いような驚きを行くたびに提供してくれる。

龍吟料理

食事に使われている器一つ一つには命が宿っているので撮影の際には細心の注意を払うべきだ。

日本人でありながらまだ知らない和食があるという事を再認識させられる事になる日本料理の真髄、是非一度足を運んでみて欲しい。

【詳細情報】

  • TEL:03-3423-8006
  • 予約:完全予約制
  • 住所:東京都港区六本木7-17-24 eisu bldg. 1F
  • アクセス:六本木駅から266m
    • 東京メトロ日比谷線六本木駅2番出口より徒歩2分
  • 営業時間:18:00~翌1:00(L.O.21:30)
  • 定休日:日曜祝日
  • 予算:¥30,000~
  • 席数:24席
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)

公式サイトはこちら

素材の味をダイレクトに|澤いち

澤いち外観

日本全国からとにかく旨い食材のみを取り揃え、その素材の持ち味を活かしきった和食を楽しめるお店と言えばここ”澤いち”である。

澤いち内観

旬の食材、特に魚介類には非常に力を入れており、その日、その瞬間に最も美味しいものを食べられるのが魅力的だ。

あわびや蟹、のどぐろやウニ、ふかひれなどが楽しめる味覚コースは特にオススメで、何を食べても確実にワンランク上であるという事を感じられるのが素晴らしいぞ。

澤いち料理

完全予約制であるが故、飛び込みで入る事は出来ないが、絶対に間違いのない和食が楽しめる事は確実。シンプルではあるが、職人の腕が光る焼き魚や煮魚を楽しみたい時、こちらのお店を選んでみて欲しい。

【詳細情報】

  • TEL:03-6447-1301
  • 予約:完全予約制
  • 住所:東京都港区六本木3-9-11 メインステージ六本木 1階
  • アクセス:六本木駅から279m
    • 日比谷線・大江戸線:六本木駅から1分
  • 営業時間:ランチ営業、夜10時以降入店可
    • 12:00~15:00
    • 18:00~24:00
  • 定休日:日曜祭日
  • 予算:¥20,000~¥29,999
  • 席数:24席
  • 禁煙・喫煙:分煙
  • 駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)

公式サイトはこちら

和食+ワイン=恍惚|小田島 (おだじま)

小田島外観

一見すると洋食店、料理を頼めば超一流の割烹が楽しめてしまうお店と言えばここ”小田島 (おだじま)”である。

小田島内観

日本酒とワインを合わせるというスタイルを国内で最も早く確立したパイオニアのお店でもあり、和食には日本酒という常識を見事に覆される事になるぞ。

和食にはワインが合うと認識させる名店とのコンセプト通り、ワインに合う和食がメニューには並び、想像が付きづらいかとは思うが、実際にその全てがぴったりとマッチしているところ、シェフの実力の程を伺える。

小田島料理

フォアグラ大根は薄味に焚いた大根の上に塩焼きのフォアグラが乗った贅沢な一品。これが非常にワインと相性が良く、様々なメニューと80種類を超えるワインでのマリアージュは至福の瞬間となるぞ。

和食をワインで楽しむという事を経験したことが無い人は絶対に一度こちらに足を運んでみて欲しい。

【詳細情報】

  • TEL:03-3401-3345
  • 予約:予約可
  • 住所:東京都港区六本木7-18-24 鈴木ビル 1F
  • アクセス:六本木駅から276m
    • 地下鉄大江戸線「六本木」駅4b番出口より徒歩5分
    • 地下鉄日比谷線「六本木」駅2番出口より徒歩3分
    • 地下鉄千代田線「乃木坂」駅5番出口より徒歩8分
  • 営業時間:18:00~L.O.22:00
  • 定休日:日曜日・祝日・第4土曜日
  • 予算:¥10,000~¥14,999
  • 席数:24席
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:

公式サイトはこちら

全室個室の和の隠れ家|御曹司 松六家

御曹司 松六家外観

最高級の食材と旬菜のみを使用した至極の和食を提供してくれるお店と言えばここ”御曹司 松六家”である。

こだわりの国産黒毛和牛は銘柄にあえてとらわれず、その時期で一番美味しい牛を選んで調理するというのが斬新である。

御曹司 松六家内観

六本木では最も並ぶと言われる程人気のランチ、極上黒毛和牛ひつまぶし御膳は予約が不可、その為物凄い行列になるのだが、ランチで旨さを知り、ディナーで再訪という形にてリピーターが多いのも頷ける。

御曹司 松六家 六本木 会食

どの食材、お酒もベテランの職人が目利きしたものでありながら、六本木ではコストパフォーマンスが良いお店とも言われ、総合店の高い和食店と言えるぞ。

完全個室でゆっくりと和食を楽しみたいという時にはこちらのお店を選んでみてはいかがだろうか。

【詳細情報】

  • TEL:050-5872-5466
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木4-10-2
  • アクセス:六本木駅から193m
  • 営業時間
    • 11:30~14:00(L.O.13:30)
    • 17:00~23:30(L.O.22:30)
  • 定休日:日曜日、年末年始
  • 予算:¥15,000~¥19,999
  • 席数:24席
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)

公式サイトはこちら

鮮度抜群和牛割烹|さんだ

さんだ外観

六本木で24年間営業、とことん鮮度抜群の黒毛和牛にこだわり続けた最高の和牛割烹が楽しめるお店と言えばここ”さんだ”である。

さんだ内観

これまで紹介してきた和食店とは少し違い、こちらのお店では黒毛和牛コース1本勝負。つまりそれしかメニューが存在しないのだ。だがしかし、その全てで和を体感できる仕上がりとなっており、私個人的にも和食というカテゴライズで紹介をしたいと思った次第である。

さんだ料理

その実力は本物で、4年連続ミシュラン1つ星を獲得しており、普段あまりお目にかかれないホルモン類がいくつも並び、どれも臭みがなく非常に旨い。コースの最初から最後まで黒毛和牛の良さを隅々まで堪能することが出来てしまうぞ。

一風変わった和食、割烹料理を楽しみたいと思った時にはこちらのお店を選んでみてはいかがだろうか。

【詳細情報】

  • TEL:050-5592-1393
  • 予約:可
  • 住所:東京都港区六本木4-5-9
  • アクセス:六本木駅から251m
    • 地下鉄日比谷線六本木駅 4a出口 徒歩2分
    • 都営大江戸線六本木駅 6番出口 徒歩2分
  • 営業時間:夜10時以降入店可
    • [月~金] 17:30~23:30
    • [土] 17:30~23:00
  • 定休日:日曜・祝日
  • 予算:¥8,000~¥9,999
  • 席数:30席
  • 禁煙・喫煙:全面喫煙可
  • 駐車場:無

公式サイトはこちら

まとめ

2017年8月現在、六本木にある絶対に行ってもらいたい美味しい和食が食べられるお店について詳しくご紹介してきた。全てのお店が新発見を出来るお店である、もう一度確認しておこう。

  1. 龍吟 (りゅうぎん)
  2. 澤いち
  3. 小田島 (おだじま)
  4. 御曹司 松六家
  5. さんだ

上記、5店舗の和食が食べられるお店は見逃し厳禁!六本木グルメ通としては既に行ったことがある…という可能性もあるが、再訪したくなる名店は心にしっかりと刻んでおくべきである。もし六本木で和食を食べたいと思った時には、この記事を参考にして欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*